Hilyは世界で超急成長したアプリのひとつで、わずか1年で1,100万人以上のユーザーが集まりました。現在では日本の独身の方も利用できます。


ラスベガス--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- Hilyはラスベガス拠点のデートアプリです。世界中に1,600万人のユーザーがいます。日本でも利用できるようになったことを本日同社が発表しました。Hilyの主な目標は、ユーザーにより良いコミュニケーションを提供することです。

「会ったことがない人と話し始めたり、面白い話をしたりすることは難しいだと存じております。それにしても、良い会話を始められること、続けられることは付き合えるようになる為に必要です。その為に我々のアプリで品質と良いコミュニケーションを非常に大事にしております。このソーシャルディスタンスの時代になおさら重要なことになってきました。」とHily事業開発部長のHalyna Virtが述べました。

コミュニケーションをより簡単にする機能付きHilyは、日本の独身の方々に多くの出会いと、簡単に仲良くなるチャンスを与えることに努めております。2019年政府調査によると、出会う機会が少ないことと、上手く仲良くなれないことは結婚したくてもできない日本人の人数は5割程度だとの主な理由だそうです。

当アプリは相性クイズ40以上の項目に基づいてユーザーと適合させます。Hilyは見た目だけではなく、ライフスタイル、経歴、趣味、相性率まで考慮します。

Hilyの最新機能は「相性クイズ」というものです。結果に基づいてユーザーが右スワイプしたい人と相性があるかどうかを確認できます。システムが、クイズ答えの共通点を表示し、共通点により可能性高い二人の将来関係を解説します。クイズ項目は臨床心理士であり、恋愛番組「Marriage At First Sight」のエキスパートのJoseph Cilona先生の作品です。

Hilyは最初の出会いの緊張感をなくす為に会話開始お勧め一言を提供し、ユーザーが自信を持って会話できるようにお手伝いします。さらに、現在状況により自己隔離していても、仕事で忙しくても、ビデオ通話でオンラインデートは可能です。

「多数の調査を行ってきて、Hilyの機能は日本人独身の方々にピッタリだと思います。例えば、日本人は当アプリで他国ユーザーより倍以上にストーリーを視聴することが好みだと分かりました。そしてお仕事が多い方々にも、人見知りで最初の出会いに余り話しかけられない方々にも、色々役に立つ機能だと思います。」とHily最高経営責任者のAlex Pasykovが語っています。

Hilyの調査によると、日本でもの独身の方々が現在、隔離されている期間前に比べると、デートアプリで倍ほど活動しているようです。

Hilyにとって、日本はアジア初の進出です。昨年、当アプリは欧州、南米の20ヶ国以上で製品投入が成功しました。現在、アプリはAppleとAndroidの両方で入手可能です。

Hilyについて

Hily(「Hey, I like you」の略語)は2017年に開発され、現在世界中1,600万以上のユーザーがいます。HilyはSensorTowerの最高売り上げデートアプリ評価の常連です。

ユーザー間コミュニケーションはHilyの主な目的です。継続的に、思い出になる会話と素晴らしい経験を可能にする機能を導入します。


Contacts

Vita Kushmhyruk
広報マネージャー
vita.k@hily.com
Instagram

情報提供元:
記事名:「Hily デートアプリがやっと日本にも登場しました!このソーシャルディスタンスの時代に人々を近づけるものです。