上海--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 過去40年にわたり、中国はあらゆる方策を追求して金融改革を展開し、オープンで包摂的で先見性のあるモデルへと自国の金融システムを転換させてきました。今ユーチューブで公開されているシリーズ「The Story of New Finance in China」は、この期間の発展について説明し、中国の価値ある経験と教訓を他国と共有するためのものです。


中国の金融制度改革の成功は、四大国有商業銀行の株式所有構造の改革に始まり、これにより国家が完全所有していた銀行セクターが真の意味で分散された市場へと変容しました。現在、これら4つの銀行は既に国内外の資本市場への参入に成功しています。ICBCとCCBは既に、営業を海外市場に拡大させています。

国家の金融セクターは、その経済・社会的発展を進める原動力となります。この動画シリーズは、他国にも利益を与えながら自国の成長を推進したイニシアチブを中国がいかに計画して実行したかを描いています。また、一般の人々や政府、企業、組織のリーダーが中国の金融セクターの一端を理解する一助ともなります。

それぞれの動画では、以下の話題に関して独自の視点を持つ金融エキスパートが登場します。

  • 中国の金融産業の改革と発展

楊再平(China Society for Finance and Banking副事務総長)が中国の金融産業とその今後の展開について説明します。

  • 国有商業銀行の株式所有構造改革

WU Weijun(デロイト、シニア銀行監査パートナー)が四大国有商業銀行の株式所有構造改革の重要性を説明します。

  • 中国の金融市場の開放

Mark WANG(HSBC銀行(中国)副会長、社長兼CEO(次期))が金融業界の開放政策、中国内での外資銀行の発展、外資銀行が果たすプラスの役割について説明します。

  • グリーン金融

馬駿(清華大学国家金融研究院金融発展研究センター長)が中国における生活の質にとってのグリーン金融の重要性を説明します。

  • フィンテックおよび金融のイノベーション

趙衛星(新網銀行元社長兼CEO)が中国のフィンテックのイノベーションについて、関連する技術動向やアプリケーション、将来の計画と合わせて説明します。

  • 中国の包摂的金融

趙錫軍(中国人民大学財政金融学院教授)が中国の包摂的金融の成長について解説します。

The Story of New Finance in China」を視聴するには、こちらのユーチューブのリンクをクリックしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Linguitronics Co., Ltd.
Chuang Ling
TEL:+86-21-6139-8088
info_cn@linguitronics.com

情報提供元:
記事名:「金融業界の発展に対する中国の革新的アプローチを動画シリーズで紹介