ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- グローバル金融情報会社のムーディーズ・アナリティックスは、Chartis社の新たなレポートでカテゴリー・リーダーに認定されました。「Technology Solutions for Credit Risk 2.0: Credit Risk Analytics, 2020; Market Update and CVA/CLO Solutions Vendor Landscape」において、Chartis社はCLOソリューションの代表的ベンダー13社を評価しています。



今回の認定は、ムーディーズ・アナリティックスがこれまでに実施してきたCLO市場に対する長期的な取り組みと大規模な投資を反映しています。2008年の設立以来、ムーディーズ・アナリティックスは全証券化資産クラスをカバーし、数多くの大手市場参加者と連携してきました。その結果、当社のCLO商品群には、ストラクチャード・ファイナンス市場のニーズに対する深い理解が反映されています。例えば、市場参加者はそれぞれ独自の方法でデータや分析にアクセスする必要がありますが、ムーディーズ・アナリティックスでは、ウェブポータル、ローカルまたはホストAPI、データフィード、マイクロサービス、Excel® アドインなど、複数の手段を介したデータアクセスを提供しています。

ムーディーズ・アナリティックスのシニア・ディレクターのBhargav Janは、次のように述べています。「当社のCLOソリューションがChartis社から評価を受けたことを大変うれしく思います。当社が過去十年にわたり開発してきた豊富なコンテンツは、CLO市場の他のベンダーを凌駕しています。また、そのコンテンツをお客さま固有のニーズに合わせて柔軟に提供する能力は、当社が他社とさらに一線を画する要因となっています。」

上掲のCLOソリューションに関するRiskTech Quadrant®レポートは、各ベンダーの「製品・サービスの完全性」と「市場潜在能力」を評価したものです。このレポートの別表の「ベンダー能力」表では、6つの特定の分野についてベンダーを評価しています。ムーディーズ・アナリティックスは、すべてのベンダーの中で最多となる3つの分野(裏付資産データ分析、プライシング・エンジン、およびCPMサポート)で「クラス最高」の評価を獲得しています。

当社のCLO市場向けソリューションは、投資家向けのストラクチャード・ファイナンス・ポータル、証券化商品発行体のためのKi™ソリューションなどの分析プラットフォームを含むムーディーズ・アナリティックスのストラクチャード・ファイナンス市場向けソリューション群の1つです。

なお、このソリューション群についても、ムーディーズ・アナリティックスは昨年のChartis社のレポート「Fixed-Income Technology Solutions, 2019 Market and Vendor Landscape」でカテゴリー・リーダーに認定されています。

今回の認定の詳細については、こちらをご覧ください。これにより、当社が受賞してきた賞や業界表彰がさらに増えました。

Moody’s Analytics、Moody’s、その他ムーディーズ・アナリティックスやその商品・サービスを特定するすべての名称、ロゴ、アイコンは、ムーディーズ・アナリティックスまたはその関連会社の商標です。本プレスリリースで参照されている第三者の商標は、それぞれの所有者の財産です。


Contacts

JUSTIN BURSZTEIN
Moody’s Analytics Communications
001.212.553.1163
justin.bursztein@moodys.com
Moody’s Analytics Media Relations

moodysanalytics.com
twitter.com/moodysanalytics
linkedin.com/company/moodysanalytics

情報提供元:
記事名:「 ムーディーズ・アナリティックスがChartis社のレポートでCLOソリューションのカテゴリー・リーダーに認定される