中国・杭州--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 大量の人と車両の流れが絡んだセキュリティー上の課題が常に複雑化している状況に対処するため、私たちには空想世界で語られるすべてを見通す衛兵のようなものが必要となっており、それが今AIによって現実のものとなりました。ダーファ・テクノロジー(大華技術)は、その受賞歴のあるAI深層学習アルゴリズムを携え、自信を持ってWizMindをリリースいたします。これは、多様なプロジェクト指向製品の集まりであり、業界をリードする深層学習アルゴリズム(IPC、NVR、PTZ、XVR)、サーマルカメラ、ソフトウェア・プラットフォームを備え、各産業に精密な信頼性の高い包括的なAI製品を提供します。



WizMindはヒューマン・ベース

AIチップと深層学習アルゴリズムを搭載したWizMindは、顔認識、個人情報保護、人間動画メタデータ、人数カウント、ステレオ分析などの包括的な人間指向のソリューションを提供し、ユーザーにとって重要性の高いものに対する迅速で精確な対応を可能にします。さらに、ターゲットの位置を特定する精度と有効性の高いAIサーチを提供し、ビジネス分析に利用できる人間関連の多様なデータを生成します。

WizMindは、人間の顔と人体のリアルタイムのモザイク・マスキングをサポートします。これは法廷でのシナリオで必要となり、個人情報保護規制やGDPRに違反することなくインテリジェントに顧客の流れを分析してビジネスを最適化することもできるため、小売り企業にも有益です。

WizMindは車両ベース

WizMindは、ANPR、車両メタデータ、違法駐車といった複数の車両ベースのAIソリューションを誇ります。提供できる車両属性が多いため、容易な管理、迅速な検索、事業分析が可能です。都市部の街路、住宅コミュニティーの入り口、駐車場、料金所で幅広く利用されています。

WizMindはサーマル技術を活用

WizMindは、高度化する深層学習アルゴリズムにサーマル画像技術を組み合わせ、利用者が厳しい環境での超長距離監視、非接触体温監視、早期火災予防に役立てることができます。

ダーファ高正確度体温監視ソリューションの精度は±0.3℃で、モニタリングは毎秒3人に対応でき、交通ハブ、金融機関、商業施設、学校、その他のところで世界的に広く導入されてきました。

WizMindのエコシステム

オープン性と協業性を初めて導入したダーファWizMindシリーズは、Milestone、AxxonSoft、ISSなどの主要なサードパーティー技術パートナーと互換性があります。さらに、WizMindのエコシステムでは、DHOPや技術パートナーのために十分なAPIが提供され、当社技術パートナーは当社との共通の顧客のために本当のAI共同ソリューションを組み上げることができ、当社エコシステムのパートナーと協力した複数の営業活動を展開できます。

ダーファWizMindはハイエンドのAIシリーズで、各産業の要求の厳しいシナリオに対応することを目指しています。「安全な社会とスマートな生活の実現」を使命とするダーファ・テクノロジーは、「イノベーション、クオリティ、サービス」への集中を継続し、世界各地のパートナーや顧客のために活動していきます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Vivid Gu,
Gu_Jun1@dahuatech.com
+86-571-28069750

情報提供元:
記事名:「ダーファ・テクノロジーのWizMindが最高水準のAI技術で各産業を強化