最近のオランダでの買収に続く行動

米デラウェア州ウィルミントン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- CSCは本日、世界のお客さまが当社のファンド管理、資本市場、預託サービスを利用できるようにする長期的戦略の一環として、アイルランドにファンド・サービスを拡大すると発表しました。アイルランド中央銀行での6カ月にわたる包括的な申請プロセスを経て、CSCは、主要な欧州金融センターの1つでファンド・サービスを提供する認可を受けました。


CSCのファンド・サービス担当マネジングディレクターのリアム・マクヒューは、次のように述べています。「アイルランドは今も、欧州および世界の主要なファンド管理センターとして高く評価されています。競合他社の間で広がる統合とM&A活動の現在の動向から、当社は、120年以上の歴史を有する非公開のパートナーとしてこの市場に参入する有利な立場にあると考えています。当社の長期的な安定性とお客さま重視のアプローチは、お客さまから高く評価されています。」

この事業拡大以前に、当社はいくつかの戦略的採用、最近の買収、その他の投資を行っています。これには、組織的な採用と、米国およびアジア太平洋市場でのファンド・サービス事業の立ち上げが含まれます。マクヒューはダブリン・オフィスを統括し、経験豊富な運営チームがこれをサポートします。チームには、オペレーション責任者のデビッド・バリー、名義書換代理業務責任者のデビッド・マコーマック、リスク・コンプライアンス責任者のリンダ・ケニーが含まれ、ポール・ウィーランが世界的な預託サービスを統括します。

CSCは、世界のお客さまから信頼を得ており、世界的オルタナティブ資産運用会社上位100社の60%と協力し、米国、欧州、アジアで資産運用会社とアドバイザーに専門的なアウトソーシング・サービスを提供しています。

CSCのシニア・バイスプレジデントのジョン・ハバートは、次のように述べています。「他社と異なる当社の最大の強みの1つは、米国、欧州、アジア太平洋の当社の専門家が1つのチームとして活動し、完全に補完的で複数管轄に対応するソリューションを提供していることです。当社の世界的な能力とチーム・ベースのアプローチにより、市場、サービス、資産の種類、場所を問わず、お客さまとパートナーシップを構築でき、お客さまの利益を最優先することができます。」

シモンズ・アンド・シモンズのアイルランド事務所が、アイルランド中央銀行との許認可および承認プロセスについてCSCに助言しました。

CSCのファンド・サービス事業の詳細情報については、cscgfm.comをご覧ください。

CSCについて

CSCは、さまざまなファンド戦略を採用する代替資産運用会社、公開市場と非公開市場の資本市場参加者、受託・ガバナンスサポートを必要とする企業に専門管理サービスを提供する大手企業です。当社は、フォーチュン500社の90%、1万社近い法律事務所、3000社を超す金融機関からパートナーとして信頼されています。CSCの世界の金融市場の専門家は、米国、欧州、アジア太平洋の主要な金融センターで活動しています。当社は世界的企業として、お客さまがどこにいても取引を実行する能力を持ち、サービスを提供するあらゆる事業に専門家を配置することで、その体制を整えています。CSCのサービスの詳細については、cscgfm.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Laura Crozier
Public Relations Manager
(302) 636-5401 x65526
CSC News Room

情報提供元:
記事名:「CSCがファンド・サービス事業をアイルランドに拡大