世界有数のモバイルおよび垂直エコシステム・イベントをMWC2024 まで継続

ロンドン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- GSMAは本日、MWCバルセロナを2024年まで継続することで合意したと発表しました。COVID-19の世界的な流行を受け、GSMAと開催都市関係者はMWCバルセロナ2020の中止による影響の評価を進め、将来について驚くほど楽観的な見通しを得つつあります。


MWCバルセロナの主催者であるGSMAと開催都市関係者は、MWCバルセロナを維持・拡大していく強い勢いがあるとの認識で一致し、2024年までMWCイベントを開催することで合意しました。GSMAは、現行の合意を延長することで、MWC21や、さらに少なくともMWCバルセロナ2024まで、開催都市関係者*、バルセロナ市、カタルーニャ州、スペイン政府と連携していくことを心待ちにしています。

GSMAリミテッドのジョン・ホフマン最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「現在のような試練の時には、将来に希望を見出すことがいつにも増して重要な意味を持ちます。GSMA、開催都市関係者、MWCバルセロナのエコシステムは、今後開催されるMWCを楽しみにしており、MWCバルセロナ2021は、この困難な時を乗り越えた後の経済回復のプロセスの一部となります。2024年への延長は、MWCのエコシステムと開催都市関係者に対する私たちの真摯な取り組みや、相互に利益をもたらす協力関係を明確に表しています。将来のMWCの開催に対して多くの出展者が多大な支援と早くからの確約を示していることをご報告でき、うれしく思います。」

さらにホフマンは次のように述べています。「バルセロナ市、カタルーニャ州、スペインは、イノベーション、スタートアップ、投資の重要な中心地です。4YFNおよびYoMo(フォー・イヤーズ・フロム・ナウ)を含め、MWCバルセロナはこの地域と雇用創出に大きな経済的価値をもたらします。」

MWCバルセロナは、優れた世界的なモバイルおよび垂直エコシステムのイベントであり、世界200カ国以上から11万人以上の人々が参加します。MWCバルセロナ2021は、2021年3月1~4日に開催されます。

私たちは、将来に期待を寄せると同時に、現在COVID-19の影響に苦しむ世界中の人々のことを想い続けています。この試練の時に、参加者、出展者、バルセロナ市民、モバイル・エコシステムの皆様のことをお祈りいたします。

-以上-

編集者への注記

開催都市関係者には、バルセロナ市議会、カタルーニャ州政府、産業・エネルギー・観光省、フィラ・デ・バルセロナ、バルセロナ観光局が含まれます。

GSMAについて

GSMAは世界中のモバイル通信事業者を代表する団体で、750社を超えるモバイル事業者を結集しています。そのうちほぼ400社は携帯電話機および端末メーカー、ソフトウエア企業、機器プロバイダー、インターネット企業など、広範囲なモバイル・エコシステムを構成する企業であり、関連業界セクターの組織も参加しています。GSMAは、バルセロナ、ロサンゼルス、上海で毎年開催する業界有数のMWCイベントのほか、地域カンファレンスのモバイル360シリーズを実施しています。

詳細情報については、GSMAのウェブサイトwww.gsma.comをご覧ください。GSMAをツイッターでフォローしてください:@GSMA

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media Contacts:
GSMA Press Office
Gemma Ashley
pressoffice@gsma.com

情報提供元:
記事名:「GSMAと開催都市関係者がMWCバルセロナの開催合意を延長