ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --企業全体に及ぶデータオペレーティングプラットフォームにより企業の内部データの集計、分析、規制を可能にするBehavoxが本日、取締役員一覧を発表しました。

創立者で最高経営責任者(CEO)のエルキン・アディロブ(Erkin Adylov)が取締役代表を務め、役員は金融部門、技術産業、規制政策の以下の著名なリーダーによって構成されます。


  • ジェフ・ダイアナ(Jeff Diana)、アトラシアン(Atlassian)とサクセスファクターズ(SuccessFactors)で 最高人材活用責任者(Chief People Officer)を経て 、現在は様々な高成長を遂げるpre-IPO 企業のアドバイザーを勤める。
  • ルシオ・デ・シアチオ(Lucio Di Ciaccio)、ソフトバンク・ビジョン・ファンドの投資専門家を勤める。
  • アヴィ・ゴラン(Avi Golan)、ソフトバンク・ビジョン・ファンドのオペレーティング・パートナーを勤める。
  • マイケル・ピオワル(Michael Piwowar)、米国証券取引委員会において理事、議長代理を経て、現在はミルケンインスティテュートで金融市場常任理事を勤める。

新しい取締役員の形成は、急成長を遂げるAI企業においての最新のコーポレートディベロップメントとなります。2月、Behavox は ソフトバンク・ビジョン・ファンド2からの1億米ドルの調達完了を発表しました。ダイアナ氏とピオワル氏は2019年の1月からBehavoxの顧問を務めていました。

「企業コンプライアンス、財務管理から従業員の生産性の向上、企業文化の育成など様々な経験を積んだ取締役員が形成された。金融市場とエンタープライズ市場におけるお客様に奉仕する私たちに、取締役員は多方面からの幅広い充実したサポートを提供するのである。」とアディロブ氏は述べ、「Behavoxの大規模な成長には彼らの助言やガバナンスは非常に貴重である。」と語りました。

ソフトバンク・インベストメント・アドバイザーズはBehavoxへの投資を行っただけでなくBehavoxの成長する顧客ベースの一社でもあります。顧客ベースにはジェフェリーズ グループ、バリアズニー・アセット・マネジメントなどのヘッジファンド、アングロ・アメリカンなどの鉱業資源企業、政府系ファンド、プライベート・エクイティファンド、その他の企業なども含まれます。

アディロブ氏は、Behavoxが持つ企業のリスクと企業コンプライアンスを助けるというコミットメントは、ソフトバンクの強調する強いガバナンスという重要な評価基準と提携すると述べました。

「企業統治はBehavoxの文化的構造の一部である。自分たちの運用業務の誠実性を保証することで、顧客会社と彼らの顧客を保証することになる。」とアディロブ氏は述べ、さらに次のように語りました。「私たちの従業員、お客様、投資家の方々が誇りを持てる企業統治モデルに取締役員全員が専心する。」

ゴラン氏はソフトバンク・ビジョン・ファンドにオペレーティング・パートナーとして勤め技術と科学を兼任しています。さらに将来において可能性ある投資であるかの評価チームの分配に勤めています。マネジメント、企業理念の制定、企業の大規模な成長など広い分野の経験値を兼ね合わせています。ソフトバンクに勤める以前はGoogleとインテュイット(Intuit )での主導的な役割を経て、ニュージーランド航空で最高データ責任者(CDO)として、モノのインターネット(IoT)、ロボティック・プロセス・オートメーション、3Dプリンティング、そして人工知能(AI)などの革新的なテクノロジーの開発を導いていきました。CIO100による2018年のイノベーターを受賞しました。

「Behavoxは日々成長を続ける刺激的なグローバル企業である。」とゴラン氏は述べ「企業に全コミュニケーションデータを 組織するという任務があることを、新しい市場の基準として認識させている。データをもとに、企業を守りそして成長に導くことはBehavoxの顧客に膨大な価値を生み出している。」 と語りました。

高成長テクノロジー企業に強い情熱を持つデ・シアチオ氏は2017年にソフトバンク・ビジョン・ファンドに入社しました。デ・シアチオ氏はジムパスの取締役員でもあり、ビジョン・ファンドのオートメーション・エニウェアへの出資に勤めました。カーライル・グループでインベストメント・プロフェッショナルとして勤める以前は、マサチューセッツ工科大学にて航空宇宙工学の博士課程の学生でした。

「Behavoxの企業におけるコミュニケーションへのAIアプリケーションの適用は最先端を走るものである。」と デ・シアチオ氏は述べ、次のように語りました。「私たちのパートナーシップは企業の成長を促進させ、生産性を高め、多様な産業における様々な顧客層に価値を広げることに自信を持っている。」

ソフトバンクに加え、Behavoxは取締役員に重要な規制に関する専門家を取り入れました。ピオワル氏は今までの優れたキャリア全体を通して、政策決定の中心となり、規制監督として投資家を守り、金融市場を保護し、経済成長と機会を促進させてきました。そして2013年から2018年まで米国証券取引委員会(SEC)のコミッショナーを勤めました。2017年にはSEC議長を勤め、5000件近くもの規則制定や法執行の決議において主要な役割を果たしました。

ダイアナ氏は人事において20年以上勤めた経験をもつ練達の役員です。テクノロジーとエンジニア企業での高成長戦略を専門とします。世界におけるpre-IPO 企業の競争上優位に立てる企業文化を繁栄させ、規模拡張を作り出す実績を持っています。2012年から2016年までアトラシアン(Atlassian)で最高人材活用責任者(Chief People Officer)として勤め、300人からおよそ2000人まで従業員を増大させ、革新的で、市場の発展を先導する人々の企業心を動かし2015年でのIPOに上場を支えました。

Behavox Ltdについて。

Behavoxは企業全体に及ぶデータオペレーティングプラットフォームにより企業の内部データの集計、分析、規制を可能にする企業です。高成長テクノロジー企業として、私たちの任務は地球上のコミュニケーションデータを組織化し実用化することです。最先端のアナリティクスと機械学集によって、Behavoxはあなたの企業の内部データへの唯一のエントリーポイントとなります。

Behavoxは2014年設立、本社をニューヨークに置き、ロンドン、シンガポール、モントリオールにも事務所があります。さらに詳しい情報についてはこちらをご覧ください。


Contacts

メディア対応:
ニューヨーク、Behavox用のプロフィール
シャーロット・キアイエ(Charlotte Kiaie)
ckiaie@profileadvisors.com
電話番号 347-774-4468

情報提供元:
記事名:「BEHAVOX業界のリーダーを含む取締役員を発表