台湾・台北--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 次なる技術動向としての5GベースIoTは、コネクテッドデバイスの通信試験の需要を大きく促しています。IoT(モノのインターネット)サイバーセキュリティー・コンプライアンス・ソリューションのリーダー企業であるオンワード・セキュリティー(安華聯網科技)は、CTIAから認定され、アジアにおけるサイバーセキュリティーを担う独占的CTIA認定試験所(CATL)になったことを発表します。これにより当社は、IoT/通信機器メーカーがコネクテッドデバイスのサイバーセキュリティー試験を実施して、CTIA認証を取得できるよう支援することが可能となります。さらに、オンワード・セキュリティーは最近、当社が独力で開発したAIサイバーセキュリティー評価製品が認められ、またもや情報セキュリティー・プロダクト・ガイドのグローバル・エクセレンス・アワーズとInfoSec Awards 2020を獲得しました。


ブルッキングス研究所は、5Gインフラがソフトウエアベースのソリューションで構成されており、従ってソフトウエアとサイバー空間の脆弱性が高まっています。そのため、5Gにとって真に困難な課題とは、エコシステム全体の中でコネクテッドデバイスとアプリケーションのサイバーセキュリティーと情報セキュリティーをいかに確保するかにあります。オンワード・セキュリティーのゼネラルマネジャーを務めるモーガン・ハンは、「5G、IoT、それらがもたらす革新的アプリケーションが、サイバー攻撃の頻度増大につながっていきます。5G情報セキュリティーと、それを制度化・標準化するための方法についての意識を高めることは、あらゆる国々における政府と企業が注意を払うべき深刻な課題となっています。オンワード・セキュリティーはアジア唯一のCTIA認定サイバーセキュリティー試験所であるばかりでなく、アレクサ内蔵製品のデバイス試験とセキュリティー評価を行うアマゾン認定サードパーティーラボとして台湾唯一の存在でもあります。こうした認定ラボは、各ブランドや各メーカーがコネクテッド製品を試験して、世界的なサイバーセキュリティー認証を取得する活動を支えることができます」と述べています。

5G時代におけるサイバーセキュリティーでは、エンドツーエンドの総合的セキュリティーを達成するための方法に主眼を置いています。企業は世界のサイバーセキュリティー規制/規格について知るとともに、製品開発のライフサイクルにおいてセキュリティーの設計/開発調整を行い、規制要件に準拠するとともに、CTIA認証をより速やかに取得できるかもしれません。こうした考え方の下に生まれたオンワード・セキュリティーのAI製品であるHERCULES SecFlow/SecDevice(自動化製品セキュリティー評価プラットフォーム)は、企業がセキュリティー開発システムをより迅速に構成してDevSecOpsプロセスを開始することで、国際的なサイバーセキュリティー標準と末端装置購入者のサイバーセキュリティー要件を効果的に満たすことができるよう、支えることができます。SecFlowとSecDeviceは今年、「IoTサイバーセキュリティー金賞」、「産業制御サイバーセキュリティー銀賞」、「脆弱性管理・インシデント対応賞」(情報セキュリティー・プロダクト・ガイドのグローバル・エクセレンス・アワーズ)、InfoSec Awards 2020、2020年サイバーセキュリティー・エクセレンス・アワードを含め、複数の国際賞を獲得しました。今回CTIA認定試験所となったオンワード・セキュリティーは、お客さまが5Gの商機をつかむためのより包括的な5Gサイバーセキュリティーソリューションを提供できるようになります。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media:
Ginger Chin
ginger@onwardsecurity.com
+886-2-8911-5035
+886-987-193-588

情報提供元:
記事名:「オンワード・セキュリティーがアジア唯一のCTIA認定サイバーセキュリティー試験所となり5Gセキュリティーを向上、当社のAI製品で複数の賞を受賞