オープンRAN技術の採用加速化が狙い

米テキサス州リチャードソン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 通信サービスプロバイダー向けエンドツーエンド・クラウドネイティブ・ネットワーク・ソフトウエアを提供する企業として業界有数のマベニアは本日、フェイスブック・コネクティビティー、MTI、ドイツテレコム、その他のパートナーと連携して、Evenstar リモート・ラジオ・ヘッド(Remote Radio Head、RRH)の発足を発表しました。本プログラムの目標は、オープンRAN技術の採用を加速化することです。


EvenstarプログラムはOpenRANエコシステムに貢献すべく、4G/5Gネットワーク向けの汎用RAN参照設計を構築することに傾注します。この参照設計は3GPPとO-RANの仕様に沿ったもので、TIPのOpenRANプロジェクトグループのソリューションの採用促進に貢献するものとなります。RRH、分散ユニット、制御ユニットのソフトウエアは従来、パッケージ化ユニットとしてのみ提供されていたため、郊外や地方の場所にサービスを提供するための機会に制約がありました。Evenstarプログラムではこれらコンポーネントを分離することで、MNOがクラス最高の技術を選定して、数が増している技術パートナーからのソリューションを導入することができるようになると期待されます。

Evenstarファミリーは最終的に、FDD B3(4T4R 4X40W)とB28 2T4R 2x80Wなど、複数のリモート・ラジオ・ヘッド(RRH)製品のSKUを含むものとなる見込みです。このRRHアーキテクチャーはSplit 7.2が基盤のオーラン・アライアンス・フロントホール仕様に基づきます。

マベニアの無線アクセス事業部門担当シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーのMikael Rylanderは、次のように述べています。「EvenstarプログラムはオープンRANの採用を加速化させるとの目標を共有して志を同じくする組織グループによって支持されています。私たちはこの協業を通じて、最新の機能と競争力のある価格のRRHをリリースできるものと期待しています。Evenstar RRHと本プログラム自体は技術仕様と価格の両面で競争を平準化することに貢献するものとなります。」

フェイスブック・コネクティビティーのバイスプレジデントを務めるダン・ラビノヴィッチ氏は、次のように述べています。「Evenstarプロジェクトにより、フェイスブック・コネクティビティーはマベニアやその他のエコシステム組織と協業して、4G/5Gネットワーク向けRANハードウエアコンポーネントの構築を支えていきます。OpenRANベンダーの健全なエコシステムは多様な導入シナリオや使用例に対応するオープンアーキテクチャーに基づく4G/5Gネットワークでの新たな導入で重要な役割を果たします。」

MTIの会長兼最高経営責任者(CEO)であるアレン・イェン氏は、次のように述べています。「MTIはEvenstarパートナーの一角として、当社のデジタル技術やRF技術の搭載、そしてO-RAN 7.2x機能分割によって革新的なオープンエコシステム向けに信頼性のある先進的RRHソリューションを実現できることは光栄です。」

ドイツテレコムの技術アーキテクチャー&革新担当シニアバイスプレジデントを務めるアブドラザク・マドシア氏は、次のように述べています。「4G/5G向けの多様な導入シナリオで実装できて、オープンで分離型の次世代RANソリューションのメリットを得るには、ドイツテレコムが革新的パートナーと協力して、O-RAN準拠技術を推進することが重要です。O-RANおよびTIPの両コミュニティーにおけるこの協業はそうしたエコシステムを成長させ、オープンRAN技術の商業化を加速化する上で、重要な貢献となります。」

Evenstar RRHは2020年なかごろにEvenstarプログラムの一環として提供可能となり、その他のオープンRANアーキテクチャー要素にも拡大していく計画です。

詳細情報についてはhttps://telecominfraproject.com/tip-community-momentum-driven-by-new-operator-demand-technology-solutions-and-industry-alliances/をご覧ください。

MTIについて

台揚科技股份有限公司(マイクロエレクトロニクス・テクノロジー、MTI)はハイテク企業として、35年以上にわたり無線通信製品の開発、製造、国際販売を専門に手掛けてきました。MTIはRF/マイクロ波の分野における中核能力を基盤に、リモート・ラジオ・ヘッド、マイクロ波ラジオ、衛星トランシーバーおよびODU、ブロードバンドワイヤレスアクセス用製品、無線識別(RFID)のリーダーとモジュールの分野で有力な地位を築きました。このように卓越した業績を持つMTIは、世界一流のパートナーと価値ある長期的提携関係を確立しています。

フェイスブック・コネクティビティーについて

コネクティビティー(接続)はコミュニティーを構築して世界の緊密度を高めるための力を人々に与えるというフェイスブックの使命にとって中核にあるものです。この使命に必要不可欠なのが高品質のインターネットアクセスであり、これにより人々は声を獲得し、地域社会や世界経済を強化できる知識を共有するための機会が生み出されます。フェイスブック・コネクティビティーはモバイルネットワーク事業者、機器メーカーなどのパートナーと緊密に協力して、Express WiFi(エクスプレス・ワイファイ)、Magma(マグマ)、Terragraph(テレグラフ)を含むプログラムや技術の開発に当っています。これらは高品質のインターネットアクセスの可用性、求めやすさ、認知度を高め、より多くの人々がさらに高速のインターネットにオンラインアクセスできるようにするものです。詳細情報についてはhttps://connectivity.fb.comをご覧ください。

マベニアについて:

マベニアは業界で唯一、エンドツーエンドのクラウドネイティブなネットワーク・ソフトウエアを提供することで、通信サービスプロバイダー(CSP)にとってのネットワーク経済のあり方を塗り替えています。当社の革新的なソリューションは100%ソフトウエアベースのエンドツーエンドのクラウドネイティブ・ネットワーク・ソリューションによって5Gへの道を開きます。マベニアはVoLTEVoWiFi高度メッセージング(RCS)マルチIDvEPCOpenRAN vRANにおいて他社に先駆けて達成した業界有数の成果を活用しながら、140カ国以上のCSP顧客250社以上を対象にネットワーク変革を推進しており、世界の加入者の50%以上に貢献しています。

当社は俊敏性・柔軟性・迅速性を促進するための破壊的で革新的な技術アーキテクチャーとビジネスモデルを取り入れています。NFVの発展を促進してウェブ スケールの経済を達成するソリューションにより、マベニアは収益確保経費削減収益保護のためのソリューションをCSPに提供します。詳細はwww.mavenir.comをご覧ください。

Mavenir、Mロゴ、CloudRangeはマベニア・システムズが所有する商標です。

Copyright © 2020 Mavenir Systems, Inc. All Rights Reserved.

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Maryvonne Tubb
Mavenir PR

NA-Loren Guertin
MatterNow

EMEA-Kevin Taylor
GlobalResultsPR

情報提供元:
記事名:「マベニアがEvenstarリモート・ラジオ・ヘッド(RRH)ファミリーの投入に向けてパートナーと協業