ビジネスの誠実さと企業市民活動の世界基準を設定している企業132社を表彰

ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 倫理的なビジネス慣行の基準を定義・推進する世界的リーダーのエシスフィアは本日、栄えある2020年世界で最も倫理的な企業に選ばれた51カ国21業界の受賞企業132社を発表しました。今年で14年目となるこの賞は、業績を向上させつつ世界を向上させる手段として倫理的行動を優先事項とする企業を表彰するものです。


2020年には14社がこの高名なリストに初登場し、7社が2007年から毎年選ばれています。

エシスフィアのティモシー・アーブリック最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「この素晴らしい成果をお祝いしましょう。2007年に世界で最も倫理的な企業の表彰を始めた時、企業が積極的に利益と目的の整合性を図ることはあり得ないと思われていました。しかし、大企業の最高経営責任者(CEO)や大手組織は、倫理的なビジネスを行うことが利益を最大化する鍵であるという私たちの長年の仮説を継続して証明しています。2020年の受賞企業のすべてにお祝いを申し上げるとともに、継続して向上に努め、すべての企業の基準全体を引き上げるその活動を称賛します。」

アクセンチュアのジュリー・スウィート最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「最高の誠実さと中核的価値への取り組みを有する企業であることは、常に一企業としての私たちの姿勢の中心にあり、従業員、お客さま、地域社会を含むすべての利害関係者との信頼を築くための基本です。私たちの基本理念は、企業は機会を追求するだけでなく義務を持ち、世界に善をもたらす力となるべきということです。この取り組みは、これまでになく重要です。世界で最も倫理的な企業の1つに再び選定されて光栄に思います。」

ゼネラルモーターズのメアリー・バーラ会長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「物事が順調に進んでいる時は価値観に沿って生きるのは簡単ですが、そうでない時はより困難です。ゼネラルモーターズでは、事故ゼロ、排出ゼロ、渋滞ゼロの世界の実現で自動車業界をリードすることを決意し、それを誠実に行おうとしています。世界で最も倫理的な企業の1つに選出されたことは、ゼネラルモーターズの社員がたとえ困難な時でも正しいことを行おうとしていることの証明です。」

エシスフィアの調査は、倫理と業績が連動するという結論を裏付けています。当社が毎年実施している受賞上場企業の株価と大型株指数の関連の追跡では、2020年世界で最も倫理的な企業に選出された企業の株価が5年間で大型株セクターを13.5パーセント上回ったことが分かりました。この「倫理プレミアム」は、企業が責任ある行動と株主価値を相関させられる基礎を築きます。

フレスニーヨのオクタビオ・アルビドレス最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「倫理と誠実さと共に事業を行うことは、フレスニーヨの目的である『銀と金の持続可能な採掘を通じて人々の幸福に貢献すること』の中心にあります。そのため、2020年世界で最も倫理的な企業の1つに初めて選ばれて誇りに思います。」

エシスフィアは、2020年3月31日にニューヨーク市のCipriani 42nd Street®で祝賀夕食会を開催し、メイク・ア・ウィッシュのリチャード・K・デイビス最高経営責任者(CEO)が基調講演を行います。エシスフィアは、深刻な病気と診断された子どもに人生を変えるような願いをかなえることに注力するメイク・ア・ウィッシュと提携し、その独自の活動を支援しています。

手法と結果

エシスフィア独自の倫理指数(Ethics Quotient®)に基づく世界で最も倫理的な企業の評価プロセスには、文化、環境・社会活動、倫理・コンプライアンス活動、ガバナンス、多様性、強力なバリューチェーンをサポートするイニシアチブに関する200個以上のデータが含まれます。このプロセスは、業界と世界中の組織の主要な活動を把握・体系化するための実務枠組みとして機能します。今年の3月と4月に、2020年の受賞企業の最優良事例と知見に関する報告書とウェブキャストが公開されます。

評価プロセスに参加する全企業に、自社のプログラムが先進的企業の厳しい基準に照らしてどの位置にあるかの全体的な評価を示す分析スコアカードが提供されます。

受賞企業

2020年世界で最も倫理的な企業の全リストは、https://worldsmostethicalcompanies.com/honorees/でご覧いただけます。

ツイッター(2020 #WorldsMostEthicalCompanies)でのフォローをお願いします。

エシスフィア・インスティテュートについて

エシスフィア・インスティテュートは、企業の性格、市場の信頼、事業の成功を推進する倫理的なビジネス慣行の基準の定義・促進に関する世界的リーダーです。エシスフィアは、データに基づいた知見を用いた中核的な倫理基準の測定と定義について深い専門知識を持ち、企業の特質の改善や企業文化の測定と向上を支援しています。エシスフィアは、世界で最も倫理的な企業の評価プログラムを通じて優れた成果を表彰し、業界専門家コミュニティー向けに企業倫理リーダーシップ・アライアンス(BELA)を運営しています。エシスフィアの詳細は、https://ethisphere.comでご入手いただけます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media Contact
Clea Nabozny
clea.nabozny@ethisphere.com
+1 (480) 397-2658

情報提供元:
記事名:「エシスフィア、2020年の世界で最も倫理的な企業を発表