航空機座席数とASKの拡大がカーボン・オフセット、バイオ燃料への投資、排気量の削減を凌ぐ

ロンドン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 旅行関連のデータと知見の提供で世界をリードするOAGは本日、新しいレポート「How Green is Your Airline?」を発表しました。このレポートは、持続可能性と環境に配慮した飛行機旅行への気運の高まりに対して、航空業界がどのように反応しているかを検証しています。


OAGのシニア・アナリストのジョン・グラントは、次のように述べています。「持続可能性に対する旅行者の関心はますます高まっているにも関わらず、市場の性質により、実際の影響は複雑で難しい方向へ進んでいます。2000年より、航空機座席数は平均で年間3.6パーセント増加しており、有効座席キロは4.6パーセント増えました。残念ながら、航空会社と規制当局が行っている前向きな変化は、乗客数の増加による影響に追い越されています。」

OAGのレポートは、以下の点について掘り下げています。

  • カーボン・オフセットなどの現行の環境的対策では不十分な領域
  • 旅行におけるカーボン・インパクト削減の複雑性
  • 持続可能性と環境データの透明性に対する市場の需要
  • 航空会社、気候中立性の主張、グリーンウォッシング

OAGは、2009年にIATAにより発表された目標のような業界目標は、飛行機旅行の継続的な拡大を考慮しておらず、実際の排気量と気候目標の間に乖離を生じさせていることを明らかにしました。航空会社が大胆な気候中立性の目標を推し進める一方で、旅行者に炭素排出のオフセットにお金を出す機会を提供するなど、航空会社が採用している戦術の多くはうまく機能していません。

グラントは、次のように述べています。「持続可能な飛行機旅行は、容易な答えのない非常に複雑な課題です。消費者は、持続可能性に関心を持ちながらも、飛行機に乗ることをやめようとしません。カーボン・フットプリント計算機など、現在のツールは、情報に基づいた判断をするための十分な情報を旅行者に与えていません。どの航空会社とフライトが他よりグリーンであるかをはっきりと示す、業界全体を対象とする新しい基準の策定には、さらなる技術的発展が必要です。そうなれば、消費者が最も持続可能な選択肢を調査、評価、選択できるようになります。」

さらに詳しい情報については、以下のレポートをダウンロードしてください:How Green is Your Airline?

OAGについて

旅行データの提供で世界をリードするOAGは、1929年より飛行機旅行エコシステムの成長とイノベーションを推進してきました。

英国に本拠地を置き、米国、シンガポール、日本、リトアニア、中国で世界的に事業を運営しています。

詳細については、www.oag.comをご覧になり、ツイッターで @OAG Aviation をフォローしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Katy Ludwell
Marketing Manager
pressoffice@oag.com

 

情報提供元:
記事名:「OAGにより、飛行機旅行の急激な拡大に持続可能性の改善が追い付けていない状況が判明