韓国蔚山 & 東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 包装資材専業メーカーの(株)アットメット コリア(AtMet KOREA)は2月19日から21日まで開かれている東京 国際物流総合展2020(Logis-Tech TOKYO 2020)で自社の主要製品を公開する計画であることを発表した。


アットメット コリアは製品をコンテナで輸送する時に生じ得る損傷を防止するための貨物包装資材エアバッグを製作・販売する専業企業である。

今回参加する東京 国際物流総合展2020は日本最大規模の物流産業分野の展示会である。 2018年には全世界の500社余りの関連企業が参加し,物流業種関係者が7万4000人以上来場した。

アットメット コリアは1995年に中国の天津工場から出発し、2006年8月には母体となるテソン産業を設立して始まった。その後「より優れた価値を創造するグローバルパートナー」というモットーで海外進出に邁進して、2011年に韓国法人アットメット コリアを設立した。

代表的な商品は「AtMetエアバッグ」である。AtMetエアバッグは環境に優しく、しかも優れた性能の製品である。米国鉄道協会認証(AAR)、ISO 9001品質認証、エアバッグ成績書、ROHS 環境成績書など多くの品質管理の資格を獲得してきた。

アットメット コリアの関係者は「いつでも顧客の作業環境や要求をヒアリングして、顧客のニーズを満足させるために最善を尽くす。今回の東京 国際物流総合展2020でもその成果が表れた製品を公開する」と語った。

(株)アットメット コリア(AtMet KOREA)に関する詳細はホームページ(http://www.atmet.jp/index.phpをご参照ください。


Contacts

AtMet KOREA
Jaehyun Park
+82-52-296-0035
info@atmetkorea.com

情報提供元:
記事名:「アットメット コリア、東京 国際物流総合展2020に参加、「グローバル市場を攻略」