HMCSサスカトゥーンで先駆的なデジタル技術プロジェクトを開始

カナダ・オタワ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- ABSは本日、カナダ海軍(RCN)およびカナダ防衛研究開発省(DRDC)と共同で、カナダ海軍の海洋沿岸防衛船舶向けにABSデジタル資産フレームワークを実現するパイロットプログラムに取り組んでいると発表しました。


ABSデジタル資産フレームワークは、より広範な状態ベース分類プログラムの基盤を形成します。このプログラムは暦ベースのスケジュールから状態ベースのモデルへと、船舶分類を変革することを目指しています。

本プロジェクトはまず、HMCSサスカトゥーンで開始し、 カナダ海軍のより大規模なデジタル海軍イニシアチブをサポートします。

ABSの会長・社長・最高経営責任者(CEO)を務めるChristopher J. Wiernickiは、次のように述べています。「ABSは、船舶/オフショア用アプリケーション向けに状態ベースの保守データサービスを提供するリーダー企業であるため、この画期的なプロジェクトの提携先としてカナダ海軍から選ばれたことを誇りに思います。私たちは、当社の民間・政府顧客向けデジタルプログラムを通じて、これら技術が資産の性能と業務の安全性を向上させる上で発揮する力を目の当たりにしています。」

本パイロットプログラムでは、高度な状態分析ツールを含んだ一連のABSデジタルソリューションから、データモデルのネットワークを生成します。これらデータモデルのネットワークが、カナダ海軍向けに特別に開発した完全性管理プログラムの実行を支えるようにします。

この複数年のパイロットプログラムにより、カナダ海軍はデジタルツイン技術とABSの高度な分析機能を使い、船舶の残存耐用年数の間にわたりその状態をモニタリングすることで、異常を特定し、検査と保守計画の指針を得ることができるようになります。

本パイロットプログラムで利用するABSデジタルソリューションには、下記が含まれます。

• 全体的な船体応答を測定するために設計した船舶専用の構造センサー・プラン

• 船体センサーの前処理とデータ品質チェック

• 船体/運用データ向けダッシュボードの可視化

• 構造の完全なデジタルツインの作成と分析

• RAM分析

これらのデジタルソリューション全体により、船舶全体に関するインテリジェンスへのアクセスが向上し、構造健全性と搭載機器の状態について、より包括的に把握できます。これによりカナダ海軍は、船舶の実際の状態に基づいて、将来の保守業務を計画できます。

ABSについて

ABSは船舶・海洋業界に船級サービスおよび技術的助言サービスを提供する世界的有力組織であり、設計・建設の安全性と卓越性の標準確立に傾倒しています。高度な技術とデジタルソリューションの安全で実用的な適用に傾注するABSは、業界や顧客と協力し、船舶・海洋資産向けに、正確でコスト効果の高いコンプライアンス機能、最適性能、運用効率を開発しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Gareth Lewis
Global Media Relations Manager
Tel: +44 (0)20 7377 4514
Mob: +44 (0)7824 374395
Email: glewis@eagle.org
www.eagle.org

情報提供元:
記事名:「ABS、カナダ海軍、カナダ防衛研究開発省がデジタル資産フレームワークのパイロットプログラムを発足