東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 株式会社東京アールアンドデー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡村了太)は環境省委託業務で実施する「燃料電池小型トラックの技術開発・実証(令和元年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業(委託事業)*1」の車両開発・公道実証を完了し、このたび「第16回 国際水素・燃料電池展 FC EXPO 2020(2020年2月26日~2月28日、東京ビッグサイト、スマートエネルギーWeek2020内)」に実車を展示することとなりましたので、お知らせいたします。


尚、2019年度は11~12月に福岡市周辺で公道実証を行った実車です。
本事業は、環境省の事業採択*2を受けて燃料電池小型トラックの開発を行うもので、当初計画の3年間(平成28~30年度)は、車両開発、性能試験、および公道(主に都市部)における配送業務の実証を行って参りました。
4年目となる令和元年度は、水素システムの追加開発によって航続距離を更に延ばす*3など車両性能および利便性を高め、普及展開の可能性を拡げるべく事業を推進しており、福岡市周辺の一般道路と高速道路における公道走行を通じて、実用化に向けた車両開発を更に前進させます。

FCエキスポ2020 ブースイメージ図

*1. 環境省 CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業について

CO2排出削減技術の開発・実証は、CO2排出削減量の拡大及び削減コストの低減を促し、将来にわたる大きなCO2排出削減を実現するために必要な取組です。一方、民間に委ねるだけでは大幅なCO2排出削減に必要な技術の開発が必ずしも進まないことから、本事業により、将来的な地球温暖化対策の強化につながるCO2排出削減効果の優れた技術の開発・実証を主導し、CO2排出量の大幅な削減を目指します。

* 2. 環境省CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業 「燃料電池小型トラックの技術開発・実証」
* 3. 一充填当たりの航続距離を150kmから210kmに延長


Contacts

<本件お問合せ先>:
株式会社東京アールアンドデー
営業部 担当:森竹 智法
TEL:046-227-1101

情報提供元:
記事名:「株式会社東京アールアンドデー:  燃料電池小型トラック(公道実証を完了した実車)をFC EXPO 2020で展示いたします