欧州、北米、アジア、オーストラリア、UAEを代表するチームが4つの代表的なUAVおよびUGV関連チャレンジで競う

アラブ首長国連邦アブダビ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ムハンマド・ビン・ザーイド国際ロボティクス・チャレンジを主催するカリファ科学技術大学は、合計30チームがMBZIRC 2020での栄誉を求めて競うことになると発表しました。これは、2年に一度行われる賞金500万ドルの大会の2回目であり、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビで2月23~25日に、4回目の無人システム展示会(UMEX)および2020年シミュレーション&トレーニング展示会・会議(SIMTEX)と並行して開催されます。

欧州、北米、アジア、オーストラリア、UAEの国際チーム30チームのロボティクスのトップ・エキスパート約500人が、MBZIRC 2020の最終段階に向けて準備を進めています。各チームは、高度な実際的なAI技術スキルが試される4つの代表的カテゴリーで競い合います。競技会はアブダビ国立展示センター(ADNEC)で開催され、3つのチャレンジとトライアスロン方式のグランド・チャレンジが行われます。



カリファ科学技術大学執行副学長のアリフ・スルタン・アルハマディ博士は、このように語っています:「MBZIRC 2017の初回の成功を発展させた第2回大会では、合計30チームがUAEを訪れ、いくつかの重要ロボティクス技術における自らの高度な革新を披露します。各最終候補者は、十分に確立されたロボティクス・ラボを持つ国際的に知られた最高レベルの学術・研究機関であり、私たちは、MBZIRC 2020がロボティクスの創造性の最高のものを示す場となり、先進的な世界的競技会としての名声の裏付けとなるものと考えています。」

MBZIRCチャレンジ1は、ドローンの安全性が中心となり、無人航空機(UAV)のチームが自律的に進入UAVの追跡、捕捉、無害化を行うことができるかどうかが試されます。

チャレンジ2では、複数のUAVと1台の無人陸上車両(UGV)のチームが屋外環境で協調して所定の構造物を作るために多様なタイプのレンガ型物体を自律的に発見、採取、輸送して組み立てる技術が問われます。

チャレンジ3では、複数のUAVと1台のUGVのチームが共同で都市高層ビルをシミュレーションした一連の火災を自律的に消火する様子が評価されます。グランド・チャレンジでは、チャレンジ1、2、3を組み合わせたトライアスロン方式のイベントでUAVとUGVが競います。

詳細情報については、こちらをご覧ください:http://www.mbzirc.com/ および http://www.ku.ac.ae/

*配信元:AETOSWire

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

APCO Worldwide
Abdullah Al Sayed, Account Director, +971504887044
aalsayed@apcoworldwide.com

情報提供元:
記事名:「アブダビのムハンマド・ビン・ザーイド国際ロボティクス・チャレンジ2020で30チームが賞金500万ドルの栄誉を目指す