フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が、アイデミアのGSMA準拠接続性ソリューションでコネクテッド・エコシステムを強化し、運転をかつてなく安全・容易にします。



仏クールブボワ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- FCAは、同社の先見的なグローバル・テレマティクス・プログラムを、アイデミアのeSIM(DAKOTA)とサブスクリプション管理プラットフォーム(スマート・コネクト)の統合により新たな次元に引き上げます。すでに開始されているこの画期的なサービスは、FCAが日々の車両事業を最適化できるようにしています。

DAKOTA eSIMは、FCAが複数の地域で発表する新車モデルに直接、組み込みまれます。スマート・コネクトと組み合わされた本ソリューションは、自動車メーカーが車の寿命を通じて最適な接続性プロバイダーを全世界で動的に選択できる柔軟性を提供します。

アイデミアのソリューションは、緊急通話、予知保全、保険関連サービスなどの高需要サービスの道筋をつけるだけでなく、製造プロセスを簡素化し、ソフトウエアを遠隔的にアップデートしたり、接続性パッケージを各地域の規制や要件に合わせて調整したりする能力をもたらします。

コネクテッドカーは、2024年までに車の販売台数全体で90%以上を占めると予想され、車載接続サービスの価値も2017年から2030年にかけて28%も急増する見込みです。このため市場でDAKOTAとスマート・コネクトを提供する機が熟しています。

アイデミアの生体認証デバイス&自動車事業担当エグゼクティブバイスプレジデントのYves Portalierは、次のように語っています。「コネクテッドカーの数が急増する中でのFCAとの提携は、当社のハイテクに関する専門力とノウハウを示しています。高級自動車の主要メーカーや世界各地のモバイル通信事業者500社以上が、さまざまな接続性ニーズに対応し、この新しいエコシステムへの移行を簡素化するために、アイデミアを頼りにしていることからも、当社がパートナーとして信頼されていることは明らかです。」

アイデミアについて

拡張された本人確認技術の世界的リーダー企業であるアイデミアは、市民や消費者が日常の重要行為(支払い、つながり、旅行など)を物理的な世界でもデジタル空間でも行えるよう、信頼のおける環境を提供しています。

私たちが暮らす現代の社会において、アイデンティティの保護は、今や欠くことのできない重要な事柄となっています。拡張された本人確認(個人情報保護と信頼を確保してセキュアで真性で検証可能なトランザクションを保証する本人確認)を支持する立場に立ちながら、当社は個人が対象かモノが対象かを問わず、セキュリティーが重要となる場合は時間と場所に関係なく、私たちの最大の資産の1つである本人確認情報を思考、生産、使用、保護する方法のあり方を塗り替えます。当社は、金融、通信、本人確認、公共セキュリティー、IoT分野の国際的顧客に対して拡張本人確認を提供しています。

世界で1万3000人の従業員を擁するアイデミアは、180カ国の顧客にサービスを提供しています。

詳細については、www.idemia.comをご覧ください。ツイッターで@IdemiaGroup をフォローしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Press
PR Agency: Havas Paris
Irina Pungaru
+33 6 13 02 34 76
idemia@havas.com

情報提供元:
記事名:「世界的な市場リーダーのフィアット・クライスラー・オートモービルズが、接続された車内体験を改善するためにアイデミアの接続性ソリューションを選定