米テキサス州リチャードソン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 業界をリードするエンドツーエンドのCSP向けクラウドネイティブ・ネットワーク・ソフトウエアを提供するマベニアは、T-モバイル・チェコ共和国(TMCZ)とスロバク・テレコム(ST)にクラウドネイティブ・コンバージドIMSソリューションを導入したと発表しました。この共通の統一的ソリューションは、既存の設置面積を大幅に縮小し、ネットワークを簡素化する設計になっているため、両事業者のコストを大幅に削減します。


VoLTE、IMS、固定およびモバイルのコンバージドTASに関してマベニアを利用してきたT-モバイルCZは、数百万のVoLTE加入者(プリペイド、ポストペイド、VoWiFi、固定)をNFVベースのソフトウエア・インフラストラクチャー・ソリューションに移行しつつ、同一のサービスと機能をサポートし、2019年最高モバイル・ネットワーク・ベンチマークを獲得しています。スロバク・テレコムも同じソリューションに移行しましたが、レガシー・ベンダーの独自ハードウエア第1世代IMS実装をオープンNFVベース・ソリューションに置き換えています。スロバク・テレコムは先日、現行VoLTE加入者のレガシーIMSからの移行、新規VoLTE加入者の追加、固定加入者の移行を開始しました。両事業会社は共同で2カ国の2カ所にある共有データセンターと共通の実装を活用することで、運用効率を向上させ、ネットワークの複雑さを削減する予定です。

T-モバイルCZとスロバク・テレコムのCTIOのブラニミール・マリッチ氏は、次のように述べています。「チェコとスロバキアの顧客層向けの主なネットワークの変革を継続します。ここでは、収束型マベニアIMSボイス・ソリューションが私たちの要望に完全に適合し、将来の技術およびコスト削減戦略に貢献します。マベニアを選択したのは、IMS導入の課題を迅速に解決し克服する能力と、NFVとシステムの統合に関する実績を伴う専門知識を備えていることが理由です。」

マベニアの社長兼最高経営責任者(CEO)のパーディープ・コーリは、次のように述べています。「マベニアは、お客さまがネットワークを業界規格の民生既製品(COTS)ハードウエアを使用するクラウドネイティブ・ソフトウエアに進化させるお手伝いをしています。当社は、お客さまが運用コストを最大限まで効率化できるように支援すると同時に、その加入者を喜ばせる業界最先端の機能とサービスを提供できることを、大変うれしく思います。」

マベニアについて

マベニアは業界で唯一、エンドツーエンドでクラウドネイティブのネットワーク・ソフトウエアを提供し、通信サービス・プロバイダー(CSP)のネットワーク経済を再定義しています。当社の革新的ソリューションは、100%ソフトウエアベースでエンドツーエンドのクラウドネイティブなネットワーク・ソリューションによって5Gへの道を開きます。VoLTEVoWiFiAdvanced Messaging(RCS)Multi-IDvEPCvRANにおいて他社に先駆けて達成した業界有数の成果を活用しながら、130カ国以上のCSP顧客250社以上を対象にネットワーク変革を推進しており、世界の加入者の50%以上に貢献しています。

当社は俊敏性・柔軟性・迅速性を促進するための破壊的で革新的な技術アーキテクチャーとビジネスモデルを取り入れています。NFVの発展を促進してウェブスケールの経済を達成するソリューションにより、マベニアは収益確保経費削減収益保護の解決策をCSPに提供します。

Mavenir、Mロゴ、CloudRangeはマベニア・システムズが所有する商標です。

Copyright © 2020 Mavenir Systems, Inc. All Rights Reserved.

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Maryvonne Tubb
Mavenir PR

NA-Loren Guertin
MatterNow

EMEA-Kevin Taylor
GlobalResultsPR

情報提供元:
記事名:「T-モバイルCZとスロバク・テレコムが次世代NFVベースの統一IMSでマベニアを選択