リコウが革新的なライダーソリューション開発認められたベロダインR&Dチームを統率

米カリフォルニア州サンノゼ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ベロダイン・ライダーは本日、マシュー・リコウの最高技術責任者(CTO)への就任を発表しました。先日ベロダインの最高経営責任者(CEO)に指名されたアナンド・ゴパランに続き、リコウがCTO職を務めます。



リコウはCTOとして、ベロダインの顧客中心の先進的な研究開発チームを統率します。このチームは、幅広い市場ニーズに対応するために、高性能、コスト最適化、大量生産に適した最先端のライダーソリューションを設計しています。2015年に入社して以来、リコウはAlpha Prime™、Velarray™、Velabit™、VelaDome™などの画期的なライダー製品の開発を含め、ベロダインにおけるエンジニアリングとソリューションの成功に大きな影響を与えてきました。

リコウはこれまで、ベロダインの光学エンジニアリング担当シニアディレクターを務めていました。マクロおよびミクロの光学システム、半導体レーザー、検出器の29年に及ぶ開発経験があるリコウは、ダイナミックな研究チームを構築および育成して、エンジニアリング・チームおよびプロジェクトの有能なリーダーであることを実証しました。熟練したエンジニアであり、その研究は多くの米国および欧州の特許や、成功を収めた商業製品およびプロセスに貢献してきました。また、業界をリードする出版物に技術記事を数多く寄稿しています。

ゴパランは、次のように述べています。「リコウは、お客さまのニーズに対応し、先進的で費用対効果の高いライダー技術の革新を推進することに情熱を傾けています。より優れた自律性と安全性を備えた新製品を市場に投入できるようお客さまを支援する画期的なライダーソリューションの開発において、リコウはベロダインの貴重な人材です。今後私たちを導いて優れた製品の開発を継続していくエンジニアリング・チームの卓越したリーダーであり、発明と成長の機会が認められている優れた技術チームを運営していきます。」

リコウは、次のように述べています。「当社が自律的な未来を取り入れていく中で、CTOとしてベロダインの技術および製品ロードマップをお客さまのニーズとビジョンに密接に連携させていきます。技術系人材の育成と、自律技術を次のレベルに引き上げるエンジニアリング・アーキテクトやリーダーの指導を等しく優先させます。ベロダインは多様で有能なエンジニアリング・チームを確立しているため、あらゆる手を尽くしてこの継続的成長と業界リーダーシップを確かなものにするつもりです。」

ベロダイン・ライダーについて

ベロダインは、自律性と運転支援のためのスマートで強力なライダーソリューションを提供しています。カリフォルニア州サンノゼに本社を構えるベロダインは、画期的なライダーセンサー技術のポートフォリオで世界的に知られています。ベロダインの創業者のデビッド・ホールが2005年に、Velodyne Acoustics(ベロダイン・アコースティクス)の一部としてリアルタイム・サラウンドビュー・ライダー・システムを発明し、自動車、新しいモビリティー、マッピング、ロボット工学、セキュリティーなどの分野で認知と自律性の機能に革命をもたらしました。ベロダインの高性能製品ラインには、コスト効果の高いPuck™(パック)、汎用のUltra Puck™(ウルトラ・パック)、自律性を前進させるAlpha Prime™(アルファ・プライム)、ADAS向けに最適化されたVelarray™(ベラレイ)、画期的なドライバー支援ソフトウエアのVella™(ベラ)を含め、広範な検知ソリューションがあります。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Sean Dowdall
Landis Communications Inc. for Velodyne Lidar, Inc.
(415) 286-7121
velodyne@landispr.com

 

情報提供元:
記事名:「ベロダイン・ライダーがマシュー・リコウを新CTOに任命