世界の組織と高校は是非、5月21日の締め切りまでに応募を

アラブ首長国連邦アブダビ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- アブダビ持続可能性週間の期間中に2020年の受賞10組織を最近表彰したことを受けて、ザーイド・サステナビリティー賞は2021年度の応募受け付け開始を正式に発表しました。


この賞はUAEの先駆的な世界的賞であり、持続可能性の5部門で影響力、革新性、インスピレーションをたたえるものです。昨年は129カ国から2373件と記録を塗り替える数の応募がありました。今年は本日から2020年5月21日までオンラインポータルを通じて応募を受け付けます。

アラブ首長国連邦国務大臣でザーイド・サステナビリティー賞事務局長のスルタン・アーメド・アル・ジャベール閣下(博士)は、次のように述べています。「本賞は12年間にわたり卓越したソリューションを評価・表彰してきた実績がありますが、私たちは本賞が今後も、世界における最も切迫した持続可能性上の課題の解決を支えるべく、世界で最も献身的なイノベーターをさらに引き付け、これらが応募してくれるものと確信しています。」

「本賞は持続可能性と人道主義の世界的な課題で真剣な取り組みを行ってきたシェイク・ザーイドの遺産から着想を得たもので、次の50年に向けてのソリューションを計画・準備・発見するために当連邦の首脳が今年度示した強調点に沿っています。」

本賞は今年で13回目となり、これまで賞金を受領してきた受賞者の計86組織は、そのソリューションや学校プロジェクトにより、世界中で3億3500万人の生活を直接的、間接的に良い方向へと変えました。

本賞の年間基金300万米ドルにより、各部門で60万米ドルの賞金を受賞者に授与します。グローバル高校部門は世界6地域の受賞者に分割され、各学校は最大10万米ドルを要請して、地元の地域社会における各プロジェクトの開始や発展に充てることができます。グローバル高校部門が導入されたのは2012年で、これからの地域社会のエンパワメントと発展のためには、持続可能性に取り組む次世代リーダーが学校レベルで今日から参画してもらう必要がある、という認識に基づいています。

応募の分野は多岐にわたりますが、各応募の中心要素は人々の生活を良い方向へと変える推進力のある技術、応用例、ソリューションが伴う革新的な方法にあります。健康、食料、エネルギー、水の部門では、応募組織は生活・労働条件を改善するための長期展望を持って、不可欠の製品やサービスの利用を改善していけることを実証する必要があります。多くの技術ベースのソリューションはよく、実用的な技能の研修、社会的起業、ジェンダーエンパワメントのように、影響力のある長期的なプログラムや仕組みを取り入れています。

ザーイド・サステナビリティー賞は3段階の評価プロセスを採用しており、まずは適正評価を独立の調査分析コンサルティング会社が行います。これにより最終候補を選定するための適格な応募と選考結果を決定します。次の評価を部門ごとの国際的な独立専門家パネルで構成される選考委員会が行います。この最終候補者名簿から最終選考者を選定し、最終選考者名簿を全5部門で受賞者を決定する審査員団に送ります。

健康、食料、エネルギー、水の部門では3つの中心基準、すなわち影響力、革新性、インスピレーションに着目します。

「影響力」の点では、応募は社会、経済、技術、インフラ、環境のいずれかの面で人間生活の質改善を実証しなければなりません。「革新性」の点では、候補者は明瞭で独自の価値提案を行い、それが市場を根底から覆す力があるか変革力を持ち、技術的かつ商業的に実現可能で、また少なくとも1つの市場で既に採用されていることを示す必要があります。

「インスピレーション」の基準では、各組織はシェイク・ザーイドの持続可能性アプローチと共通の価値を持ち、それが広くコミュニティーで行動と取り組みに影響を与え、他者が持続可能性と人類の発展を前進させるための補完ソリューションを開発するよう促すことを実証する必要があります。

グローバル高校部門では、各プロジェクトは生徒主導となるよう工夫する必要があり、生徒が計画、実施、モニタリングのプロセスに積極的に関与することに力点が置かれます。各プロジェクトは、これも他者に対して影響力とインスピレーションを与えることになる革新的アプローチを示さなければなりません。グローバル高校部門の世界6地域は、米州、サハラ以南アフリカ、中東・北アフリカ、欧州・中央アジア、南アジア、東アジア・太平洋地域です。

2021年度の受賞者は、アブダビ持続可能性週間の期間中、2021年1月に開催される年次授賞式典で発表します。

詳細情報についてはwww.ZayedSustainabilityPrize.comをご覧ください。

ザーイド・サステナビリティー賞について

ザーイド・サステナビリティー賞は、UAE建国の父である故シェイク・ザーイド・ビン・スルタン・アル・ナヒヤーンの遺志を讃え、2008年にUAE指導者によって設立されました。この賞はUAEの先駆的な世界的な賞であり、世界の持続可能性と人道主義的ソリューションを表彰するものです。

ザーイド・サステナビリティー賞の授賞式は、毎年、アブダビ持続可能性週間に開催され、恵まれないコミュニティーや人々に役立つ影響力のあるソリューションの開発と推進に取り組むパイオニアとイノベーターを称賛・表彰し、未来の世代のために、今、持続可能な遺産を構築します。

ザーイド・サステナビリティー賞は、健康、食料、エネルギー、水資源、グローバル高校の各部門に分かれています。

www.ZayedSustainabilityPrize.comをご覧ください。また、ソーシャルメディア・プラットフォーム(ツイッターフェイスブックインスタグラムユーチューブ)をご覧ください。

*配信元:AETOSWire

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Hill+Knowlton
Laura Hobeiche, +971588974564
laura.hobeiche@hkstrategies.com

情報提供元:
記事名:「ザーイド・サステナビリティー賞が2021年度の応募受け付けを開始