• レスメドは現在、「あらゆるユーザーに適切なマスク」を揃えた最も完璧なフルフェイスマスクポートフォリオを有する
  • CPAPマスクユーザーの4人に3人がAirFit F30iを他のチューブアップ式フルフェイスマスクよりも選好

 



サンディエゴ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- レスメド(NYSE: RMD)(ASX: RMD)は本日、当社初のチューブアップ式フルフェイスCPAPマスクAirFit F30iを発表しました。本マスクは、市場で最も完璧なフルフェイスマスクポートフォリオを完結させるものとなります。

これによりフルフェイスCPAPマスクのユーザーは、チューブアップ式かチューブダウン式か、コンパクトな鼻下クッションスタイルか従来の鼻上クッションスタイルか、メモリーフォームかシリコンクッションかさえも選択できるようになりました。

AirFit F30iのチューブアップ式デザインにより、あらゆる姿勢での睡眠が容易になります。そのクッションは鼻下に位置することで、鼻梁における翌日の赤み跡、痛み、炎症の防止に役立ちます。さらに、クイックリリースエルボーにより、ユーザーはマスクを取り去ることなく、夜間にチューブを迅速に着脱できます。

CPAPマスクのユーザーの4人に3人が、直接比較研究において、全体的な性能から、AirFit F30iをその競合製品のチューブアップ式フルフェイスマスクよりも選好しました。これらの同じユーザーはAirFit F30iの密閉性について2対1近く、快適性について3対1近くで選好しています。レスメドは、AirFit F30iに対する強い選好度が、患者とHMEプロバイダーの選好性についての長年にわたる研究開発のたまものだと考えています。

レスメドの睡眠事業担当プレジデントを務めるジム・ホーリングスヘッドは、次のように述べています。「レスメドはあらゆるCPAPマスクユーザーにとって適切なマスクを有しています。AirFit F30iは、睡眠時に動きが多く、フルフェイスマスクを必要とするが、チューブアップ式デザインの柔軟性が欲しい方々にとって、信頼できる密閉性と鼻下にフィットする快適性を実現します。AirFit F30iは患者とHMEプロバイダーのあらゆるニーズに対応するようデザインした当社の世界一流のフルフェイスマスクポートフォリオを完結させるものです。」

またAirFit F30iにより、レスメドの「フリーダム」カテゴリーのチューブアップ式マスクが完結し、あらゆるCPAPマスクユーザーに選択肢を提供することになります。チューブアップ式鼻マスクAirFit N30iは2019年1月に、チューブアップ式鼻ピローマスクAirFit P30iは同年4月に投入しました。

AirFit F30iは現在、米国、カナダ、ほとんどの欧州諸国で提供中であり、その他の国々でも今後提供します。

レスメドについて

レスメド(NYSE: RMD、ASX: RMD)は、患者を院外で治療して院外生活を維持するための革新的なソリューションを先駆的に開発することで、患者が健康と生活の質を向上させながら生活する能力を高めます。当社のクラウド接続型医療機器は、睡眠時無呼吸症、COPD、その他慢性疾患の患者に対するケアを変革します。当社の包括的な院外ソフトウエアプラットフォームは、患者が在宅または自分で選んだ医療環境にて健康を維持できるよう手助けする専門家やケア提供者を支援するものです。当社は140カ国以上で、より良いケアを可能とすることで、生活の質を改善し、慢性疾患の影響を低減して、消費者と医療制度にとってのコストを低減しています。詳細についてはResMed.comをご覧いただき、@ResMedをフォローしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

For media
Jayme Rubenstein
+1 858.836.6798
news@resmed.com

For investors
Amy Wakeham
+1 858.836.5000
investorrelations@resmed.com

情報提供元:
記事名:「レスメドが当社初のチューブアップ式フルフェイスCPAPマスクAirFit F30iを発表