台北・台湾--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- ネットワーク通信分野の有力サプライヤーで、一流の製品品質、信頼性、性能で知られるビリオン・エレクトリック(TWSE:3027、屋号:ビリオン)は、当社の受賞歴があるBiPAC 4700屋外LTE/M2Mルーターシリーズ(気温が- 40度に達することがあるソーラーファームに導入)で日本市場に参入しました。このプロジェクトにより、日本の相当大きなシステムインテグレーション企業1社が、先進的なLTE技術を活用して、地方の過酷な環境でも、ストリーム画像を取得し、現場にある機器の遠隔制御が行えるようになりました。


この日本企業は過去数年間、不十分な接続と、堅牢なネットワーキングソリューションがないことに悩まされていました。ビリオンは、LTEネットワーキングソリューションのコンビネーションとして、産業レベルの筺体と高性能LTE接続機能を持つM100を提供し、複数の屋外デバイスのパフォーマンスを管理するという課題を克服できるようにしました。この日本の顧客はさらに、ビリオンの中央管理システムを併用し、すべてのルーターを異なる地点から容易に管理できるようにすることで、手作業による諸経費を排除し、現場のエンジニアにとっての容易なリモートアクセスを実現しました。

ビリオンの主力M2Mルーターシリーズは、シングル/デュアルLTE、VPN、RS-232/RS-485の機能を搭載し、防爆規格ULクラス1ディビジョン2認証済みで、遠隔計測と遠隔モニタリングのために特別設計されています。M2Mルーターは、伝送バックボーンとしてのLTEネットワークを使って遠隔計測を行い、天然ガス田にある管理センターにモニタリング情報を送信します。

さらに、EU E-マークを取得済みで、デュアルLTE、WiFiホットスポット、防振機能を搭載するビリオンの車載ルーターが、スマートバスと警察車に導入され、優れた高性能、サービス信頼性、安全な接続を実現しています。ビリオンは北米で、一流のサービスプロバイダー(AT&T、ベライゾン、Tモバイル、スプリント)から認定を取得して、BECブランドで電気通信分野の販路でLTE製品を販売しています。BECは現在、米国最大の屋外向け固定無線ブロードバンドのプロバイダーです。

ビリオン・エレクトリックのゼネラルマネジャーのグレッグ・チャンは、次のように述べています。「日本市場への参入では、市場シェアを拡大すべく、当社はさらに投資するつもりです。その一環として、日本のODM、システムインテグレーター、販売パートナーと協力して、日本における当社のビジネス機会を拡大していきます。」

ビリオン・エレクトリックについて

ビリオン・エレクトリックは1994年以来、包括的なネットワークソリューションを提供しており、アクセス機器や中央管理システムなどのICTソリューションを開発することで、さまざまな企業/商用/モバイルネットワーク向けのアプリケーションや垂直市場に貢献しています。ICT複合企業である当社は、40カ国以上の販売ネットワークに浸透しながら各国パートナーと協力して、世界規模でLTE導入を推進しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media
Billion Electric Co., Ltd.
Sherry Chen
sherrychen@billion.com
www.billion.com

情報提供元:
記事名:「ビリオンのLTE ODU/M2Mルーターが日本にて過酷環境での遠隔制御向けに導入される