ダブリン--(BUSINESS WIRE)--ERS Genomics Limited(本社:アイルランド ダブリン、以下「ERS社」)は、エマニュエル・シャルパンティエ博士が共同所有するCRISPR/Cas9技術の基本的な知的財産に関し、日本のグローバル製薬企業である第一三共株式会社(本社:東京都中央区、以下「第一三共」)とライセンス契約(以下「本契約」)を締結しましたので、お知らせいたします。本契約は、第一三共社内の研究開発活動におけるCRISPR/Cas9ゲノム編集技術の使用を目的とした同知的財産へのアクセスを、第一三共に付与するものです。


ERS社は、CRISPR/Cas9の基本的な知的財産に関し、ヒトへの治療用途を除く全ての応用分野で独占的な全世界ライセンスを保有しております。本契約のもと、アンメット・メディカルニーズの解決のために、第一三共がCRISPR技術を用いて研究開発活動を推進できるようになることを期待しています。

ERS社のCEOエリック・ローズは、「当社にとって、第一三共は、大手製薬企業として日本で初めてのライセンシーとなります。CRISPR/Cas9技術はゲノム編集技術の中でも革新的なものであり、第一三共が今後、同技術を活用して自社の研究開発オペレーションをさらに進化させていくことを楽しみにしております」と述べています。

本契約の経済条件詳細は非開示です。


Contacts

日本問い合わせ先:
住商ファーマインターナショナル株式会社(ERS社の日本総代理店)
創薬支援部
森 峰雄
Tel: 03-5220-1560
Email: alliance@summitpharma.co.jp

情報提供元:
記事名:「第一三共とのCRISPR/Cas9ゲノム編集技術に関するライセンス契約締結について