ラスベガス--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- スマート都市モビリティー・ソリューションの世界的リーダー企業のニウ・テクノロジーズは、ラスベガスで行われる今年のコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)で新しい電気車両2種「RQi-GT」と「TQi-GT」を紹介し、幅広いラインアップを拡大します。

新しいRQi-GTは、都市性能電気オートバイであり、ライダーが推定時速160kmのトップスピードで都市外縁部に飛び出せるようにします。NIUの先進的技術を核として設計・構築されたモーターのピーク出力は30kWで、2個の取り外し可能バッテリー(合わせて7 kWh)により1回の充電で最大130kmの走行が可能となっており、都市幹線道路の走行にも混雑した街路の走行にも適した交通手段を提供します。

TQi-GTは、NIU初の自己バランス型電気三輪車であり、自動駐車機能を含む自律運転機能が標準で備えられています。町を堪能する優れた方法を都市通勤者に提供できるように設計されたTQi-GTは、最高速度時速80km、走行距離最大200kmを実現し、1週間の都市通勤に十二分に対応しています。シティドライブを強化するため、弊社のTQi-GTはABSブレイキンシステムをインストールした.

NIUは、従来の通勤に対する消費者の考えに革新を起こしたいと考え、都市全域で使用できる自動運転・自律運転機能を持つ製品を作ろうとしています。これが当ブランドのビジョンであり、使命です。つまり、自律的な都市モビリティーのネットワークです。新たな10年に向けたNIUの前進です。電話でリクエストを送信するだけで自動運転のTQi-GTが戸口にやってくるという未来を想像してみてください。しかも、これから向かう目的地もプリセットされています。

現在、NIUのIoTはスマート・センサーを使用してリアルタイムに情報を検出することができ、クラウド・コンピューティング分析を総合して人、車両、クラウド接続を認識できます。5Gの時代の到来により、NIUのIoTには大きな革新の余地が生まれます。NIUは、NIU FLEETと呼ばれる交通ネットワーク・プラットフォームの構築を目指しており、これは新たな10年に向けてNIUが構想する完璧な都市交通モデルとなり得ます。

新モデルのRQi-GTとTQi-GTの量産は2020年下半期になると予想され、その数カ月後に消費者が入手可能になります。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Li Wei
wei.li@zhiyanmedia.com
https://www.niu.com/

情報提供元:
記事名:「NIUが都市電気オートバイの未来を始動 - 5G接続、自律性、自己バランス