業界ベテランのマイク・エリスとデビッド・ヒントンがエグゼクティブ・バイスプレジデントに昇進し、世界的事業の責務を拡大。ジョージア・レイトがエグゼクティブ・バイスプレジデントに昇進。

米メーン州ポートランド--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 動物衛生技術とサービスの世界的リーダー企業であるコヴェトラス(NASDAQ:CVET)は本日、数人の上級経営幹部と地域リーダーシップ・チームの異動を発表しました。

2020年1月7日付けで、マイク・エリスはエグゼクティブ・バイスプレジデントに昇進し、欧州部門リーダーとしての現在の責務に北米事業の責務が加わります。デビッド・ヒントンは、エグゼクティブ・バイスプレジデントに昇進し、アジア太平洋地域・新興国市場のリーダーとしての現在の責務にグローバル・ソーシングの責務が加わります。ジョージア・レイトは、エグゼクティブ・バイスプレジデントに昇進し、引き続きコヴェトラスのグローバル・テクノロジー・ソリューション組織を統括します。この組織は、2019年11月に、当社のグローバル・ソフトウエア・サービス事業部門とグローバル処方箋管理事業部門の統合により設立されました。マシュー・レナードが顧問の役職に移り、グローバル・サプライチェーン責任者兼エグゼクティブ・バイスプレジデントおよび北米担当プレジデントを退任します。

これらの上級経営幹部の異動に加え、当社はまた、欧州に新たな組織枠組みを導入し、より広範な地域を北部欧州、中部欧州、中東部欧州の3つの地理的グループに再編して事業を単純化し、お客さまおよび製造業者パートナーのニーズをより適切に満たします。

  • 北部欧州には英国、アイルランド、フランスが含まれ、北部欧州担当バイスプレジデントのジェイミー・タッターズフィールドが統括します。タッターズフィールドはこれまでコヴェトラス英国のマネジングディレクターを務め、30年以上にわたり、老舗のW. & J.ダンロップ・リミテッド(ダンロップ)を含み、英国の獣医用品事業に携わってきました。
  • 中部欧州にはドイツ、スイス、オーストリア、オランダ、ベルギーが含まれ、中部欧州担当バイスプレジデントのトーマス・フリードルが統括します。フリードルはこれまで、コヴェトラスのドイツ語圏(DACH)地域のマネジングディレクターを務め、25年以上にわたり動物衛生・医療機器業界で徐々に昇進し、数多くの役職を務めました。
  • 中東部欧州にはポーランド、チェコ、スロバキア、ルーマニアが含まれ、中東部欧州担当バイスプレジデントのカロリナ・ブロディアックが統括します。ブロディアックはこれまで、コヴェトラス・ポーランドのマネジングディレクターを務め、メディヴェットでの勤務を含み、約20年にわたって当社のポーランドでの動物用医薬品・サービスの流通事業で多くの役職を務めました。

各地域グループのバイスプレジデントと、コヴェトラスのスペイン・ポルトガル部門のマネジングディレクターは、マイク・エリスに直属します。

コヴェトラスはまた、2020年2月12日付けでオーストラリア・ニュージーランド(ANZ)担当バイスプレジデント兼マネジングディレクターとしてサイモン・ヘラムズ氏を採用することを発表します。ヘラムズ氏は、この20年以上にわたり、ANZ地域で動物衛生および農業関連産業の両方で数多くの要職を務め成功を収めています。これには、ルーラルコ・ホールディングス、べーリンガーインゲルハイム、メリアルなどの企業が含まれます。ヘラムズ氏はデビッド・ヒントンに直属します。

Covetrusについて

Covetrusは、獣医学診療を行うパートナーの医療・経済的成果の向上を支援する世界的な動物医療技術・サービス企業です。当社は、製品、サービス、技術を単一のプラットフォームにまとめ、顧客が最高の仕事をするために必要なソリューションや情報に結びつけています。動物や動物を愛する人々の幸せに対する当社の情熱は、当社が獣医学の世界を前進させる原動力になっています。Covetrusはメーン州ポートランドに本社を置き、5500人以上の従業員を擁して世界で10万を超える顧客に対応しています。詳細情報はcovetrus.comでご覧ください。

将来予想に関する記述

本プレスリリースは、1933年証券法第27A条(改正を含む)および1934年証券取引所法第21E条(改正を含む)の意味での将来予想である一定の記述を含んでおり、これには、2019年の見通しを含む当社の将来の財務および事業業績、その他の事項についての記述を含むリスクや不確実性が伴っています。当社は、「予測する」、「考える」、「可能性がある」、「継続する」、「予期する」、「見積もる」、「期待する」、「計画する」、「意図する」、「かもしれない」、「あり得る」、「し得る」、「しそうである」、「するだろう」、「するはずだ」など、将来の出来事または結果に関する不確実性を表現する語を用いて将来予想の記述であることを示す場合があります。このような記述は、当社の経営幹部の移行、業務と従業員を成功裏に一体化する能力、Covetrusを形成した取引から期待される利益や相乗効果を実現する能力、取引の成立が従業員、顧客、競合他社を含む関係に及ぼし得る影響、主要な人材を維持する能力、業績目標を達成する能力、金融市場、金利、為替レートの変動、当社の市場の変化、訴訟の影響、ブレグジットの影響と関連したリスク、ならびに、2019年3月29日に提出したフォーム10-Kによる当社の年次報告書、2019年9月30日締め四半期について提出したフォーム10-Qによる四半期報告書、当社のSECへのその他の提出物の「リスク要因」の項目で説明されているものを含むその他のリスクや要因を含みますがこれらに限定されない多くのリスクや不確実性を伴います。当社の将来予想に関する記述は、当社の経営陣の現在の考えや予想に基づいており、法律で義務付けられている場合を除き、当社は、新情報や将来の動向の結果などにかかわらず、本リリースの日付以降に発生した出来事または状況を反映するために本リリースに含まれる将来予想に関する記述を修正または更新する義務を負いません。投資家の皆様は、将来予想に関する記述を過度に信頼することのないようご注意ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Nicholas Jansen, Investor Relations
nicholas.jansen@covetrus.com | (207) 550-8106

Kiní Schoop, Public Relations
kini.schoop@covetrus.com | (207)550-8018

情報提供元:
記事名:「コヴェトラスが上級経営幹部の異動を発表