台湾・台北--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- 台湾の国家文化記憶庫計画を受けて、桃園市は拠点を開設して桃園市全域にミニバンを走らせ、地元の物語を収集・保存します。



台湾文化部が開始した国家文化記憶庫計画は、文化的な記憶と地元の知識を再構築し、それをデジタル技術で保存することを目的としています。地元の公共・民間部門の積極的な関与を得て、当計画では台湾の文化を強調するコンテンツを作成するためのプラットフォームを確立したいと考えています。

憲光二村に設置された物語収集拠点では、ここで自身の物語を共有するよう奨励しています。「眷村パンカー」と呼ばれるこのミニバンは、眷村や退役軍人の家庭も訪問して人々の記憶を収集します。

桃園市で実施された現地調査により、このような村の105個の特徴が発見されました。グーグルマップの位置とこのような村の古い写真を含む情報が収集拠点の外に掲示され、人々はQRコードをスキャンして読み、聞くことができます。

加えて、眷村の歴史と文化的意義を紹介すべく、馬祖新村を舞台にしたリアリティー・ゲーム、没入型劇場、文化祭などの活動も用意されました。

台湾の国家文化記憶庫計画は、世代や日常生活を通じて受け継がれた技能に関係なく、物語や文化を収集する計画です。当計画を通じて、台湾文化部は台湾の文化的景観と現象をつなぎ合わせ、保存したいと考えています。

詳細情報については、https://www.facebook.com/pg/TaiwanCulturalMemoryBankをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Ministry of Culture
Name: 陳彥碩 Jens Chen
Email: starletgazer@moc.gov.tw
Phone: +886-2-8512-6317

情報提供元:
記事名:「桃園市が各地で地元の物語を収集