スイス・ツーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- DXCテクノロジー(NYSE:DXC)傘下のルクソフトは本日、LGエレクトロニクス、アマゾン、マップボックスと共に、Luxoft HALOを発表しました。これはシェアード・モビリティーに関する当社の最新のコンセプトで、革命的な消費者クラスのデジタル車内体験をもたらします。Luxoft HALOは、2020年1月7~10日にネバダ州ラスベガスで開催されるCES® 2020で正式に発表します。



消費者は、家庭でのデジタル体験がシンプルかつ便利で、いつでもさまざまなデバイスで利用可能であることを期待するようになりました。また消費者は以前に増して、お気に入りのコンテンツやサービスを車内や外出先でも、利用したいと考えるようになっています。

Luxoft HALOのシェアード・モビリティーのコンセプトは、すべての消費者のモビリティーに関するニーズを個々のデジタル・ライフスタイルにシームレスに統合する方法を示しています。

ルクソフト・オートモーティブの提携担当取締役でマーケティング責任者のVildan Hasanbegovicは、次のように述べています。「これで当社の主要パートナーと共に、包括的で高度にパーソナライズされたインテリジェントな消費者クラスの車内体験を提供できるようになりました。これはシェアード・モビリティーとインテリジェント・モビリティー向けのプラットフォームであるwebOS Autoを活用しています。このオープンなプラットフォームにより、車内インフォテインメントからネットワーク化された映像ストリーミング・サービスまで、既存のエコシステムのインテリジェントなサービスとダイナミック・コンテンツを卓越した品質で提供できるようになります。これらは消費者個人のデジタル・ライフスタイルにおいて、ますます不可欠な要素になっています。」

ルクソフトはすでに、webOS Autoを以下のような大規模な連続生産システムに導入可能です。

  • 従来ニーズ向けリアシート・エンターテインメント(RSE)
  • ライドヘイリング(ride-hailing)モードを備えたリアシート・エンターテインメント(RSE)
  • ライドヘイリング・システム向け車内ディスプレー
  • ライドヘイリング・システム向けセンタースタック・ディスプレー

Luxoft HALOで見ることができるパートナーの革新成果

LGエレクトロニクスとwebOS Auto

webOS Autoは、シェアード・モビリティーとインテリジェント・モビリティー向けの理想的なオープン・プラットフォームです。webOS Autoは諸機能を提供するほか、マルチメディア処理、マルチディスプレー制御、接続性、セキュリティーなど、必須要素をすべて統合しており、優れた快適性と利便性を車内で提供します。

Alexa Auto

Alexaは、すでに家庭での暮らしをシンプルにして整理する手助けをしていますが、Alexa AutoによりAlexaを外出先でも利用できるようになります。Alexaは、音声操作で音楽の再生、道順案内、電話の発信、オーディオブックの再生などができるため、両手はハンドルに置いたままにでき、道路から目を離す必要がありません。Alexaはすでに大手自動車メーカーの多数の自動車で利用可能です。アマゾンはAlexa Auto SDKなどのサービスを発表し、自動車メーカーやサプライヤーがAlexaを直接自社のインフォテインメント・システムに容易に統合できるようにしています。詳細については、amazon.com/alexa-auto/をご覧ください。

マップボックス

リアルタイム位置データ・プラットフォームのMapboxは、モバイル、ウェブ、ゲーム、自動車における地図およびナビゲーションの体験で活用されています。マップボックスは、webOS Auto、アンドロイド、iOS、Unity 3D、ウェブ向けに構築する開発者のためのSDKや、地図レンダリングと空間機能を実行するためのAPIを維持しています。毎月15万人以上の開発者がMapboxを使って構築しています。4万5000個を超えるモバイルアプリがMapbox SDKを活用しています。Mapboxを使用して開発者が構築したアプリケーションとプラットフォームは、月間6億人以上のアクティブ・ユーザーに利用されています。

ルクソフトがCES® 2020に出展

CESのルクソフトのブースで、Luxoft HALOを個人的に直接体験できるほか、未来のシェアード・モビリティーやインテリジェント・モビリティーを体験できます。ラスベガス・コンベンション&ワールド・トレード・センターのテック・イースト、ノース・ホールにある当社ブース(#6928)へお越しください。

ルクソフトについて

DXCテクノロジー(NYSE:DXC)傘下のルクソフトは、デジタル戦略とソフトウエア・エンジニアリングを手掛ける企業として、世界中の顧客のビジネス変革を推進するカスタムメイドの技術ソリューションを提供しています。ルクソフトはテクノロジーを活用してビジネス変革を実現し、顧客体験を向上させ、当社の戦略、コンサルティング、エンジニアリング・サービスを通じて、業務効率を高めています。ルクソフトは、エンジニアリングの卓越性と業界の深い専門知識を独自に統合し、自動車、金融サービス、旅行、ホスピタリティー、ヘルスケア、ライフサイエンス、メディア、電気通信の分野を専門としています。詳細情報については、www.luxoft.comをご覧ください。

DXCテクノロジーについて

DXCテクノロジー(NYSE:DXC)は、世界的企業が基幹的システムと業務を運営しつつ、ITの近代化とデータ・アーキテクチャーの最適化を行い、パブリック/プライベート/ハイブリッド・クラウド全体でセキュリティーと拡張性を確保できるように支援しています。当社は何十年にもわたって革新を推進しているため、世界最大手企業はDXCに信頼を寄せており、当社の企業向け技術スタックを展開して、新たな次元の性能、競争力、顧客体験を提供しています。DXCストーリーの詳細や、当社の人々、顧客、業務実行への注力姿勢については、www.dxc.technologyをご覧ください。

これらの資料で提供されているすべての情報は善意で提供されるものですが、提案や契約の一部であったり、提案や契約を構成するものではありません。記述、数値、計画、見解、事実表明は発表のためのもので、参考としてのみご覧ください。ルクソフトは可能な限り、正確な情報を含める妥当な努力を行いました。しかし、ルクソフトは、提供した情報の完全性について、明示的にも黙示的にもいかなる保証や表明を行うものでもありません。ルクソフトは、これらの資料に含まれている資料の使用もしくは使用できないことで生じる損害に対して、一切の責任を負うものではなく、そうした損害には特別な損害や派生的損害などがありますが、それらに限定されるわけではありません。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

情報提供元:
記事名:「シェアード・モビリティーの新コンセプトであるLuxoft HALOが革命的な消費者クラスのデジタル車内体験を提供