チョープラー・ジョナス氏がクロックスのブランド大使の役割の一環として象徴的なシューズ・ブランドとユニセフの提携関係を確保、両組織はベリーズの恵まれない生徒を支援するために協力

米コロラド州ナイワット--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- クロックス(NASDAQ:CROX)は本日、ユニセフ親善大使で俳優のプリヤンカー・チョープラー・ジョナス氏との協力により、今後1年間にユニセフを通じてベリーズの恵まれない生徒にクロックスのクラシック・クロッグ5万足を寄付すると発表しました。この慈善寄付は、世界中の子供達を支援して教育を受ける機会を増やせるように取り組む同氏の共同ミッションを支援するものです。



クロックスは最近、受賞歴がある俳優で活動家・起業家でもあるプリヤンカー・チョープラー・ジョナス氏が、2020年のマーケティング・キャンペーン「自分らしく(Come As You Are)」のグローバル・ブランド大使として活動すると発表しました。この提携関係の特別な要素として、ユニセフを共に支援するこのコラボレーションがあります。

クロックスの世界マーケティング担当バイスプレジデントのハイディ・クーリーは、次のように述べています。「クロックスは、履き心地のよい靴が優れた教育にアクセスするための第一歩だと考えています。当社は、この寄付によりベリーズの小中高校に通う生徒の半数以上に靴を届け、家族の経済的負担を軽減したいと考えています。」

プリヤンカー・チョープラー・ジョナス氏は、次のように語っています。「ユニセフの国際大使として、世界中の子供たちに大きなプラスの影響を与えられる組織を結び付けることに心を砕いています。クロックスと協力して5万足以上のクラシック・クロッグを配布することで、ベリーズの学齢児童に非常に大きな影響を与えることができます。教育を受ける障壁を減らし、多くの人々が当然だと思っている日常品がないことから生まれる社会的なストレスや仲間からのストレスを低減できるのです。」

ベリーズの教育の障壁として、貧困、障害、就学遅れ、小学校に通うための準備不足などが特に挙げられます。11月に米国ユニセフ協会の職員とクロックスがベリーズを訪れ、2回に分けて行う寄付の第1回となる最初の2万5000足のクロックスを生徒に配布しました。その取り組みを記録し、寄付が与えたプラスの影響を直接ご覧いただける映像はこちらです。

米国ユニセフ協会の戦略的パートナーシップ担当シニアバイスプレジデントのガブリエラ・モリスは、次のように語っています。「米国ユニセフ協会は、ベリーズでとりわけ幼児期の就学を妨げる障壁の1つを取り除けるよう、クロックスが靴を寛大にも寄付してくださることに感謝しています。教育は子供の潜在能力をフルに開花させるために不可欠です。私たちが力を合わせれば、子供たち一人ひとりに優れた教育を提供できるよう手助けできます。」

クロックスについて

クロックス(NASDAQ: CROX)は、女性・男性・子供向けの革新的なカジュアル・フットウェアで世界をリードしており、当社製品は履き心地の良さとスタイルを兼ね備え、その価値が消費者に認められ、愛されています。クロックス独自のクロスライト™素材、モールド式のフットウェア技術がクロックスのコレクションの大半に取り入れられており、ひと足ごとに段違いの快適さをお届けします。

2019年に、クロックスは自分を表現することと快適さは互いに矛盾するものではないと宣言します。クロックスの詳細および「Come As You Are~自分らしく~」キャンペーンについては、www.crocs.comをご覧になるか、フェイスブック、インスタグラム、ツイッターで「@Crocs」をフォローしてください。

ユニセフについて

国際連合児童基金(ユニセフ)は、子供を第一に考えて190カ国・地域で活動しています。ユニセフは、医療、予防接種、きれいな水、衛生、栄養、教育、緊急援助などを提供することで、ほかのどの人道組織よりも子供の命を救っています。ユニセフ米国は、募金活動、提唱活動、教育を通じて、米国でユニセフの活動を支援しています。私たちは共に、予防可能な原因によって子供が命を失うことなく、すべての子供が安全で健康な子供時代を送ることができる日を目指して、取り組みを続けています。詳しい情報については、www.unicefusa.orgをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media Contacts:
Crocs
Melissa Layton
mlayton@crocs.com

UNICEF
Ann Reinking Whitener
areinking@unicefusa.org

情報提供元:
記事名:「プリヤンカー・チョープラー・ジョナスとクロックスが5万足のクラシック・クロッグをユニセフに寄付