航空電子機器、データリンク、ソフトウエアの強化によって性能を向上

サンディエゴ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ(GA-ASI)は米国陸軍と協力し、MQ-1C ERグレイ・イーグル・エクステンデッド・レンジ(GE-ER)無人航空機システム(UAS)の機能と残存性能を強化することになりました。米国陸軍は、紛争環境におけるUASの作戦能力を改善するため、グレイ・イーグルERの航空電子機器、データリンク、ソフトウエアをアップグレードすべく、GA-ASIと多数の契約を締結しました。この最新化イニシアチブは、政府所有ソフトウエアをホスト可能な航空機のオープン・アーキテクチャー・コンセプトに加え、拡張可能制御インターフェースのサポートに必要な自律性の向上、長距離センサーの迅速な統合をもたらすものです。これらの強化により、米国陸軍のマルチドメイン作戦(MDO)の構想が実現します。



GA-ASIのデビッド・R・アレクサンダー社長は、次のように述べています。「米国陸軍がグレイ・イーグル・システムに投資しているのは、投資の見返りとして極めて大きな性能向上が実現できるからです。GE-ERは比類のない耐久性で変化する脅威環境と作戦ニーズに適応するUASを米国陸軍に提供します。」

GA-ASIは最近、本プラットフォームのデータリンクを最新化するための公開コンペを終了しました。「最善」のデータリンクを実現するための本コンペの理念の1つは、政府所有のインターフェースを備え、サイズ・重量・消費電力が削減され、信頼性とソルジャーメンテナンスを向上でき、今後のMDO要件の拡大に対応できるモジュール式アーキテクチャーでした。採用されたベンダーには、L3ハリス・テクノロジーズ、エアバス、ヒューズ・ネットワーク・システムズ、Ramona Research, Inc.が含まれます。この最新化されたデータリンク・ソリューションは性能が大幅に向上していますが、現在のデータリンク・スイートと比べて、航空機当たりのコストは低くなります。

グレイ・イーグルERの高解像度画像は、GA-ASIのメディア連絡先を通じて、適格報道機関に提供します。

GA-ASIについて

ジェネラル・アトミクス傘下のジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ(GA-ASI)は、Predator® RPAシリーズやLynx®マルチモード・レーダーといった実績と信頼性のある遠隔操縦航空機(RPA)システム、レーダー、電子光学および関連ミッションのシステムを設計・製造する有力企業です。累計飛行時間600万時間近くの実績を誇るGA-ASIは、状況認識と迅速な攻撃を可能にする常時飛行に必要なセンサーおよびデータリンクシステムを統合し、耐久性に優れ、任務遂行能力を持つ航空機を提供しています。また、各種の地上管制設備やセンサー制御/画像分析ソフトウエアの製造、パイロットのトレーニングやサポートのサービスの提供、メタマテリアル・アンテナの開発も手掛けています。詳細については、www.ga-asi.comをご覧ください。

PredatorとLynxは、ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズの登録商標です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Steven Henden
General Atomics Aeronautical Systems, Inc.
+1 (858) 524-8101
ASI-MediaRelations@ga-asi.com

情報提供元:
記事名:「GA-ASIがグレイ・イーグルERの最新化契約を受注