エクサグリッドとヴィームの統合により、パワフルでコスト効率が高く使いやすいデータ管理ソリューションを提供

米マサチューセッツ州マールボロ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- バックアップ向けインテリジェント・ハイパーコンバージドストレージの大手プロバイダーであるエクサグリッドは、クラウド・データ・マネジメントを提供するバックアップ・ソリューションの大手企業ヴィーム・ソフトウェアとの共同事業のさらなる発展について発表しました。この統合ソリューションは、「ジャスト・イン・タイム」エンタープライズ・データ・センターの復元およびVMリカバリーに必要とされる新たなバックアップ要件に対応します。エクサグリッドとヴィームは、バックアップおよびバックアップ・ストレージに対する企業の総所有コスト(TCO)の大幅削減を可能にします。これには、ITワークロードやメンテナンス要件を削減しながらバックアップおよび復元時間の性能を向上させることが含まれます。


組織が管理するデータ量は継続的に増加しており、アップタイムの目標や予算に影響を与えています。適時に適切なデータにアクセスして迅速に回復できることが組織の生産性に大きく影響します。ヴィームの2019年クラウド・データ管理報告書によると、約4分の3近く(73%)の企業がアプリケーションおよびデータに対する中断のないアクセスについて、顧客の要望を満たせていないと認識しています。エクサグリッドとヴィームは共に、こうした企業の課題の解消に取り組んでいます。

エクサグリッドとヴィームは、データ増加の課題に対応し、コストを削減しながら仮想データ・センターとハイブリッド・クラウドをサポートできる中断なき運転を共同で提供しています。エクサグリッドとヴィームにより、顧客はVMを数秒から数分で起動でき、プライベート、マネージド、およびパブリック・クラウドを活用できるようになります。この統合ソリューションを利用することで、顧客はバックアップ・インフラストラクチャーの性能を向上させつつ高性能で柔軟かつ拡張可能なアーキテクチャーにより、データ・ストレージおよびデータ・バックアップ目標達成における複雑性を低減できるようになります。

エクサグリッドの最高経営責任者(CEO)兼社長のビル・アンドリュースは、このように述べています。「長期的なデータ・バックアップと重要なデータとアプリケーションの迅速な回復は、今では事業戦略の必須項目とされていますが、すべてのソリューションがこのITの必須要件を満たせるわけではありません。エクサグリッドとヴィームは、お客さまが拡張可能で導入と管理が容易で柔軟なソリューションを作成できるように支援します。」

ヴィーム・ソフトウェアのグローバル・アライアンス・アーキテクチャー担当バイスプレジデントのケン・リンダル氏は、次のように述べています。「ヴィームは、クラウド・データ管理ソリューションにおける大手イノベーター企業として、当社のお客さまが仮想、物理およびクラウド・ベースのワークロードを場所にかかわらずすべて保護できる容易な方法を提供します。エクサグリッドとヴィーム・データ・ムーバーの統合により、相互運用性を実現し、SureBackup、DataLabsおよびインスタントVMリカバリーなど、ヴィームの機能に独自の価値が創出されます。そのため当社の業界での位置付けがさらに強化されることになります。エクサグリッドによるヴィームのスケールアウト・バックアップ・リポジトリのサポートも、顧客による効果的なバックアップ・ジョブの管理や必要に応じたスケールアウトを支援し、単純で柔軟性と信頼性の高いインフラを作る能力を顧客に提供します。」

エクサグリッドとヴィームの共同ソリューションが提供する柔軟性:

  • 1分未満で実稼働VMを回復してアプリケーションのアップタイムを保証
  • データをオンサイト、第2データ・センターのオフサイト、およびサードパーティーが管理するクラウドまたはパブリック・クラウドのオフサイトに保持
  • グループ内の世界各地最大19カ所の主要データ・センターで物理的クロスレプリケーションを利用可能
  • SQLダンプまたはOracle Recovery Manager(RMAN)を使用して直接バックアップ
  • ハイブリッド・クラウドを利用したデータ管理およびバックアップ機能を維持

コスト、簡易性、性能、拡張性、柔軟性など、顧客の効果的なデータ管理を支援するエクサグリッドとヴィームの5つの主要領域については、ホワイトペーパー「企業でエクサグリッドとヴィームを使用する主な5つの理由」に詳しく記載されています。

エクサグリッドについて

エクサグリッドは、データ重複排除機能、独自のランディングゾーン、スケールアウト型アーキテクチャーを持つバックアップ向けインテリジェント・ハイパーコンバージド・ストレージを提供しています。エクサグリッドのランディングゾーンにより、最短の時間でバックアップと復元を行い、瞬時でVM起動が行えます。スケールアウト型アーキテクチャーには、スケールアウトシステムの完全なアプライアンスが含まれ、データが増大してもバックアップウインドウの長さを固定でき、高額なフォークリフトアップグレードが不要です。当社についてはexagrid.comをご覧になるか、リンクトインで当社と交流してください。当社のお客さまによるエクサグリッド体験や、バックアップ時間を大幅に短縮できる理由について、顧客成功事例で確認いただけます。

ExaGridはエクサグリッド・システムズの登録商標です。その他のすべての商標は、それぞれの所有者の財産です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media contact:
Stacey Foster
ExaGrid
sfoster@exagrid.com
508-898-2872 x0248

 

情報提供元:
記事名:「エクサグリッドとヴィームがエンタープライズ・データ・センターの新たなバックアップ要件に対応