米マサチューセッツ州ミリス--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- カングルーは、遠隔管理機能を備え、OSの種類に左右されない世界初の指紋アクセスハードウエアとなる「暗号化フラッシュドライブ」を発表します。この新しい生体指紋認証アクセスフラッシュドライブは、有力な暗号化デバイスのかさばるピンパッドや面倒なコンボキーパッドに取って代わることができ、利便性と使い勝手を大幅に改善しています。この新しいKanguru Defender Bio-Elite30™(カングルー・ディフェンダー・バイオエリート30)指紋ハードウエア暗号化フラッシュドライブは、指を当てるだけで、暗号化されたファイルに素早くアクセスできます。


Defender Bio-Elite30はOSの種類に左右されないため、WindowsマシンやMacOSマシンから、医療機器、スマートTV、そしてアップデートを行う際のATMまで、実質的にあらゆる機器で利用できます。このため、すべてのタイプの業界に対応できる高度な汎用性を備えています。

この新しい生体指紋認証暗号化フラッシュドライブは、クラス最高のAES 256-Bitハードウエア暗号化機能を備え、ユーザーは本人もしくは本人が承認した他者またはこれらの両方がアクセスできるように、複数の指紋アクセスを登録できます。読み取りと書き込みきの完全なセキュアエントリーを許可したり、読み取りだけの制限アクセスを許可したりできるので、ユーザーは暗号化ファイルを容易に閲覧できます。

指紋認証セキュアフラッシュドライブのDefender Bio-Elite30はUSB給電式のため、最悪のタイミングで動作不良の可能性があるバッテリーが必要なその他の競合デバイスすべてを超越しています。

カングルーのエグゼクティブバイスプレジデントを務めるネイト・コートは、次のように述べています。「指紋暗号化フラッシュドライブのDefender Bio-Elite30は、あらゆるタイプの環境に非常に大きな価値をもたらすもので、利便性、セキュリティー、多用途性を備えています。」

指紋暗号化フラッシュドライブのDefender Bio-Elite30の並外れた機能は、市販のあらゆる同種デバイスと互角です。

  • OSプラットフォームの種類に左右されない(実質的にあらゆる機器で利用可能)
  • 完全な256-Bitハードウエア暗号化(XTSモード)
  • それぞれの指紋ないしユーザー(複数可能)に対応したマルチフィンガーアクセスを登録可能
  • オンボードブラウザーによる新しいコマンドコンソールを装備
  • カングルー・リモート・マネジメント・コンソール( Kanguru Remote Management Console、KRMC™)による遠隔管理のオプション機能
  • 受賞歴があるBitDefender®によるオンボードのウイルス対策とリアルタイムスキャニング保護のオプション機能
  • RSA-2048デジタル署名による安全なファームウエア
  • TAA準拠

新しい指紋認証ハードウエア暗号化フラッシュドライブKanguru Defender Bio-Elite30の詳しい情報については、kanguru.comをご覧になるか、1-888-KANGURUまでお電話ください。

カングルー・ソリューションズは、高品質の安全なデータストレージ製品、完全統合型遠隔管理ソリューション、複製装置などを製造する世界的リーダー企業です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Don Wright, Marketing Manager
Kanguru Solutions
marketing@kanguru.com
(1) 508.376.4245

 

情報提供元:
記事名:「カングルーがOSの種類に左右されない新しい暗号化指紋アクセスフラッシュドライブで競合製品を凌ぐ