米デラウェア州ウィルミントン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ザ・ライクラ・カンパニーは本日、プラネット・アジェンダ持続可能性プラットフォーム拡大の一環として、LYCRAブランドを冠した初めてのプレコンシューマー材料使用のエラスタン繊維であるLYCRA® EcoMadeを発売したと発表しました。加えて、COOLMAX®とTHERMOLITE®ファイバー製品の多くを転換して2021年末までにリサイクル材料を含むようにすることも発表しました。公式の発売は、9月25~27日のインターテキスタイル上海で行われます。



ザ・ライクラ・カンパニーの持続可能性担当取締役のジャン・ヘゲデューシュは、次のように述べています。「プラネット・アジェンダ・プラットフォームでは、業界の持続可能性を高める活動に寄与する知見、技術、製品、プロセスを提供することに重点を置いています。プラネット・アジェンダの中心には、製品の持続可能性、卓越した製造、企業責任という相互依存する3本の柱が据えられています。これらの柱を通じて、当社は廃棄物の削減、化学物質使用の安全性と透明性、被服の製品寿命、持続可能な資源に焦点を絞った多様な持続可能なソリューションを提供しています。」

リサイクル材料を使用したEcoMade製品群は現在、LYCRA®、LYCRA® T400®、COOLMAX®、THERMOLITE®ファイバーを含むザ・ライクラ・カンパニーのアパレル・ブランドの多くに広がっています。

今年前半、当社は織布に使用されるLYCRA® 166Lファイバーが、Cradle to Cradle製品革新機構よりマテリアル・ヘルス認証のゴールド・レベルに認められたと発表しました。また、ザ・ライクラ・カンパニーのLYCRA®ファイバーの全アパレル製造工場も、OEKO-TEX®スタンダード100の附則6に基づいた認証を受けています。製品認証の全リストは、lycra.com/sustainabilityでご覧になれます。

ザ・ライクラ・カンパニーは、前述したイノベーションの多数を9月25~27日に上海で開催されるインターテキスタイル展示会で紹介します。ホール4.1のスタンドE56、およびホール7.2のスタンドE55(デニム)に設営されるLYCRA®ブランドの展示ブースへぜひお立ち寄りになり、最新の持続可能な製品群をご覧いただき、コラボレーションの機会についてご相談ください。

ザ・ライクラ・カンパニーについて

ザ・ライクラ・カンパニー(萊卡集団公司)は、アパレル業界やパーソナルケア業界向けの繊維および技術ソリューションに加え、スパンデックスやポリウレタンのバリューチェーンで使用される特殊化学品の技術革新と製造を行っています。米デラウェア州ウィルミントンに本社を置くザ・ライクラ・カンパニーは、革新的な製品、技術的専門知識、比類のないマーケティング・サポートで世界的に認められています。ザ・ライクラ・カンパニーが保有する主要消費者ブランドと業界ブランドには、LYCRA®、LYCRA HyFit®、LYCRA® T400®、L by LYCRA®、COOLMAX®、THERMOLITE®、ELASPAN®、SUPPLEX®、TACTEL®、TERATHANE®があります。ザ・ライクラ・カンパニーという名称は新しいものですが、その伝統は独自のスパンデックス繊維であるLYCRA®ファイバーが発明された1958年にさかのぼります。今日、ザ・ライクラ・カンパニーは快適さや持続的な性能に対する消費者のニーズを満たすよう設計された独自の技術革新を開発することで、お客さまの製品に価値を付加することに焦点を当てています。詳細情報については、www.thelycracompany.comをご覧ください。

LYCRA®、T400®、COOLMAX®、THERMOLITE®は、ザ・ライクラ・カンパニーの商標です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Karie Ford
+ 1.302.287.3095
Karie.J.Ford@lycra.com

情報提供元:
記事名:「ザ・ライクラ・カンパニーがプラネット・アジェンダ持続可能性プラットフォームの下で循環型経済に向けた新たなソリューションを発表