自律車両の可能性を高めるための無料イベント

米カリフォルニア州サンノゼ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ベロダイン・ライダーは本日、第2回年次自律技術ワールド・セーフティー・サミットを開催すると発表しました。自律車両(AV)に関する安全性の問題や人々の懸念を取り上げます。この無料イベントは誰でも参加でき、米カリフォルニア州サンタクララのリーバイス・スタジアムで10月2日に開催されます。AVで実現される安全性の利点についての理解を深めるとともに、AVがもたらす輸送革命について消費者の認識を高める共同作業の契機となることを目指します。



このサミットには7つのパネル・セッションがあり、企業、政府、公衆安全、コミュニティーのリーダーが登場します。これらのセッションでは、AVの試験プロセスや、自律運転や安全性に関して混乱しがちな用語をどうするか、教育やエンゲージメント、サイバー・セキュリティーなどの話題について検討します。

サミットで基調講演を行うのは、著作家でモビリティーの専門家であるローレンス・バーンズ博士、オーロラの共同設立者で最高経営責任者(CEO)のクリス・アームスン氏、ズークス最高安全革新責任者のマーク・ローズカインド氏です。このサミットに参加する組織には、アルゴAI、国際無人運転車システム協会(AUVSI)シリコンバレー、オートノマススタッフ、クルーズ、フォード、国家道路交通安全局(NHTSA)、米運輸省(DOT)、飲酒運転根絶を目指す母親の会(MADD)、自動運転車教育パートナーズ(PAVE)、SAEインターナショナルなどがあります。

このイベントには自動運転車のデモコーナーも設けます。参加者は、ベロダインのセンサーを搭載した車両やオートノマススタッフが提供する完全自律運転の車に乗ることができ、またシェフラー・パラバンのドライブバイワイヤーを体験できます。Idriverplusによる自律運転の道路清掃車、ドローン、GUSSによる自律運転の果樹園用噴霧車も展示されます。また参加者は25カ所以上設置される教育的な展示やブースで専門家から学ぶこともできます。

現在の登録の状況から、ベロダインは今回のイベントの参加者が第1回サミットの2倍になると見込んでおり、空きは少なくなっています。参加登録については、こちらのサミット・ウェブサイトをご覧ください。

ベロダイン・ライダーのマルタ・ホール社長兼CBDOは、次のように語っています。「ワールド・セーフティー・サミットは、本物の自律運転技術の方向を人々に明確に説明して率直に話し合い、消費者に対して透明性や業界の習慣を周知するための場です。こうした対話を通じ、当社は自律運転車の可能性が高まって現在は衝突事故の94パーセントと言われる人為的過誤による事故の損害を減らせると考えています。」

ベロダイン・ライダーについて

ベロダインは、自律性と運転支援のためのスマートで強力なライダーソリューションを提供しています。カリフォルニア州サンノゼに本社を構えるベロダインは、画期的なライダーセンサー技術のポートフォリオで世界的に知られています。ベロダインの創業者で最高経営責任者(CEO)のデビッド・ホールが2005年に、Velodyne Acoustics(ベロダイン・アコースティクス)の一部としてリアルタイム・サラウンドビュー・ライダー・システムを発明し、自動車、新しいモビリティー、マッピング、ロボット工学、セキュリティーなどの分野で認知と自律性の機能に革命をもたらしました。ベロダインの高性能製品ラインには、コスト効果の高いPuck™(パック)、汎用のUltra Puck™(ウルトラ・パック)、自律性を前進させるAlpha Puck™(アルファ・パック)、ADAS向けに最適化されたVelarray™(ベラレイ)、画期的なドライバー支援ソフトウエアのVella™(ベラ)を含め、広範な検知ソリューションがあります。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Sean Dowdall
Landis Communications Inc. for Velodyne Lidar, Inc.
(415) 286-7121
velodyne@landispr.com

情報提供元:
記事名:「ベロダイン・ライダーが自律技術に関する第2回年次ワールド・セーフティー・サミットを発表