今後もトロントを拠点とし、Cogeco Peer 1をマネージドホスティング/クラウドサービスのリーダー企業として確立した幹部が統括

トロント--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- マネージドホスティング/クラウドサービスを提供するCogeco Peer 1は本日、社名をアプタム・テクノロジーズ(Aptum Technologies)に変更したと発表しました。これはデジタルインフラの戦略的機会の活用に専心する世界的な投資会社のデジタル・コロニーが、Cogeco Peer 1を2019年4月に買収したことを受けてのものです。



アプタムのスーザン・ボーエン最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「アプタムは“適応力”を意味しており、当社の伝統と未来に向けたビジョンを反映しています。企業が加速度的に増える情報に直面しており、データが企業インフラで不可欠な要素になっていますが、技術プラットフォームはデータの力を適応的に活用して、意思決定、リスク評価、顧客エンゲージメントを向上できるようにしなければなりません。当社は、組織がデータの潜在力を解放できるように支援するため、各組織の顧客が複雑な課題を解決して、事業の可能性を最大化できるような安定したインフラを提供しています。」

アプタムはトロントに本社を置き、データセンターおよびファイバーという2つの専業部門で運営していきます。データセンター事業は、企業向けマルチクラウドサービスの実現に専念します。ファイバー事業は、カナダ初の独立した中立的なホストプロバイダーとして、スモールセルと5Gインフラを提供し、グレータートロントとモントリオールで広範囲のメトロファイバーネットワークで企業向けとホールセールのファイバー接続サービスを提供します。

アプタムは、顧客が技術の力を最大化して、基幹データの保存、管理、移動、セキュリティー確保を行えるように支援してきた20年の伝統があります。セキュアなデータセンター、クラウド、接続性、マネージドサービスによって、北米、中米、欧州、中東、アフリカで真のハイブリッドインフラソリューションを提供できる企業は限られていますが、当社はその中の1社です。

アプタムを率いるのは、下記を含む経験豊富な経営陣です。

  • スーザン・ボーエン、最高経営責任者(CEO)
  • Shenif Visram、最高財務責任者(CFO)
  • Sanjay Sachdev、プレジデント兼ファイバー担当責任者
  • Leighton Plumley、最高売上責任者(データセンター事業部門)
  • シンディー・ジョーダン=フォード、世界戦略的顧客/提携担当エグゼクティブバイスプレジデント
  • ジェレミー・ピーズ、最高執行責任者(COO)
  • スコット・デイビス、暫定最高インフラストラクチャー責任者
  • ポール・ダイク、人事担当バイスプレジデント

リブランドと並行して、アプタムは2つの新サービスを発表し、顧客のハイブリッドクラウドの選択肢を拡充しました。

  • マネージド・アマゾン・ウェブ・サービス(AWS): AWSサービス向けの新スイートは、アプタムのマルチクラウドへの真剣な取り組みを強化するもので、アプタムの既存のマネージド・アジュール・サービスとマネージド・プライベート・クラウド・サービスを補完します。マネージドAWSサービスには、コンサルティング、アーキテクチャー/設計、ソリューションの構築および設定、移行、プロジェクト管理、継続的なサービス管理と最適化、専門家による年中24時間体制のサポートが含まれます。マネージドAWSサービスは、カナダ、米国、英国で提供します。
  • 新しいクラウド・コネクトを提供:セキュリティーを確保しながらクラウドサービスへの直接的な専用接続機能を提供するクラウド・コネクトを拡張しました。クラウド・コネクトをマイクロソフトのExpressRouteに加え、AWSダイレクト・コネクト、グーグル・クラウド・プラットフォーム、サービスナウ、セールスフォース、SAP、オラクルのサービスで利用できます。クラウド・コネクトの拡張機能は、すべての地域で提供します。

ボーエンCEOは、次のように語っています。「これらの新クラウドサービスの追加は、アプタムが変化する顧客ニーズに対応するために、進歩し続けていることを示す好例です。各企業には独自に、考慮しなければいけない事柄や制約、目的があるため、異なるソリューションで対応していきます。企業がアプタムを頼りにしているのは、お客さまが独自の要件に合った適切なプラットフォームを選択して、専門的な導入ができるように、当社が支援しているからです。」

エレメントAIのITディレクターであるLudwig Gamache氏は、次のように語っています。「エレメントAIは、AI製品企業として急成長中であり、当社事業の成長に専念し、データセンターインフラを心配しないで済むよう、真のパートナーを求めていました。過去2年間、Cogeco Peer 1は一貫して、それを実現しています。当社のニーズは、他のほとんどの企業とは異なります。それは機械学習とAIのアルゴリズムが計算能力を集中的に必要とし、平均的な顧客よりも熱放散と電力需要が大きいためです。エレメントAIは2016年の設立以来、35倍の規模に成長しましたが、Cogeco Peer 1は当社独自の課題を解決するために、適応することができました。私たちは、当社の成長に伴い、アプタムと協力してITインフラを今後も発展させていきたいと思います。」

関連資料:

アプタム・テクノロジーズについて

アプタム・テクノロジーズは、顧客がデータインフラの潜在力を解き放ち、具体的なビジネス成果を生み出して、技術投資の価値を最大化できるようにしています。アプタムのデータセンター、クラウド、ホスティング、接続のソリューションは、専門家によるマネージドサービスとプロフェッショナルサービスを基盤とし、真の選択肢と適応力を提供するものであり、その国際的リーチは北米、ラテンアメリカ、欧州に及びます。アプタムはカナダで、当社のファイバー事業を通じて、初の中立的ホストプロバイダーとしてターンキーのスモールセル接続を提供しており、トロントとモントリオールで広範囲のメトロネットワークを強化しています。アプタムは、デジタルインフラの戦略的機会の活用に専心する世界的な投資会社のデジタル・コロニーのポートフォリオ企業です。詳細については、www.aptum.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Cindy Watson/Mike Martin
StrategicAmpersand
AptumPR@stratamp.com
416-961-5595

情報提供元:
記事名:「Cogeco Peer 1がアプタム・テクノロジーズに社名変更、ハイブリッドクラウドサービスを強化・拡張する新サービスを追加