補強型買収により業界をリードするシンタビアのAM品質システムが強化される

米フロリダ州ハリウッド--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 航空宇宙・防衛産業を支える付加製造の独立系リーダー企業のシンタビアは本日、フロリダ州ハリウッドの非破壊試験(NDT)サービス企業のQCラボラトリーズ(QCラボ)を買収したと発表しました。この買収は、商業航空宇宙分野でのシンタビアのNDT能力を大きく拡大し、特に表面仕上げ適合性試験の能力が強化されます。買収手続きの完了後には、QCラボはシンタビアの独立的な子会社として運営される予定です。取引の詳細条件は、開示されていません。



このプレスリリースにはマルチメディア資料があります。リリースの完全版はこちらをご覧ください:https://www.businesswire.com/news/home/20190715005099/en/

シンタビアの社長兼最高技術責任者のDoug Hedgesは、このように述べています。「当社はこれまで何年かQCラボと共に働き、付加製造業界で重要な表面仕上げ検査指標を開発してきました。本日の発表は、このプロセスの自然な流れにあり、今後QCラボとの関係を深めながら実用AMコンポーネントのために受け入れられるNDT指標の開発を続けていくことを楽しみにしています。」

QCラボのゼネラルマネジャーのJohn Ahowは、このように述べています。「50年以上にわたり、QCラボは、質の高いNDTサービスの提供に関して航空宇宙・防衛産業を含む重要産業から信頼を獲得してきました。シンタビアを通じて、このサービスを付加製造という発展しつつある分野に応用することに高い期待を感じています。」

1965年に設立されたQCラボは、航空宇宙・防衛産業向けのNDT試験サービスのリーダー企業です。当社は、フロリダ州ハリウッド、フロリダ州オーランド、オハイオ州シンシナティの3箇所に拠点を持ち、放射線透過検査(X線、ガンマ線)、蛍光浸透検査、超音波検査、磁粉探傷検査、渦電流検査を専門的に提供しています。このような検査については、ハネウェル・エアロスペース、ロッキード・マーチン、ゼネラル・エレクトリック、コリンズ・エアロスペース、プラット・アンド・ホイットニー、セスナ、イートン、エアロジェット・ロケットダイン、ロールスロイスなどの承認を受けています。当社は、NadcapとAS9110の認定を受けています。

シンタビアについて

シンタビアは、航空宇宙・防衛産業向けの金属AMを手掛ける一社完結型の世界的なリーダー企業です。精密後処理装置、完全装備された機械的検査機器、総合的な金属・粉体研究室に加え、高速プリンターを同じ施設内に設置しているシンタビアは、重要産業向けの高品質部品のパラメーターの最適化、連続製造、監査を実現しています。シンタビアは業界最高水準の品質基準を追求しており、Nadcap、AS9100、ISO17025、ANABの認定を取得しているほか、OASIS登録とITAR準拠を達成しています。詳細情報については、www.sintavia.comをご覧ください。

原文はbusinesswire.comでご覧ください:https://www.businesswire.com/news/home/20190715005099/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Carolyn N. Allan, +1 954.474.7800
Director of Marketing & Strategic Sales

情報提供元:
記事名:「シンタビアがQCラボラトリーズを買収