世界で唯一、日本政府公認のブロンズ認定制度に準拠

東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 株式会社ブルーマジック(東京都 代表取締役:秋本由紀子 https://bluemagic.co.jp/)は、NPO法人日本料理アカデミー(京都府 理事長:村田吉弘 https://culinary-academy.jp/english)と共同で、本格的な日本料理の文化と技法が学べるeラーニング・プログラムを開発、2019年7月12日、世界に向けてそのサービスを開始します。



日本食レストランは世界中で12万軒にも上っていますが、その中で日本人の料理人が従事しているレストランはわずかに3パーセントと言われています。海外の日本食レストランで働く料理人や料理学校で学んでいる料理人の卵達の中には日本食に興味を持ち、本格的に日本料理を学びたいと思っている方々が多くいらっしゃいます。

しかし、世界には日本料理を教える学校が殆どなく、本格的な日本料理を学ぶことは、一部の料理店を除いては、ほぼ不可能な状況です。

その様な状況を打破し、世界中で日本食・食文化と技術を学べる機会を提供することで、日本食・食文化の未来に貢献するのが、このeラーニング事業です。

今回スタートするカリキュラムは日本料理アカデミーが作成、日本料理のトップシェフが自ら講師を務め、日本料理の基礎となる技術を一つ一つ学べる動画教材で構成されています。

また、このカリキュラムは日本の農林水産省が2016年4月1日に制定した「海外における日本料理の調理技能の認定に関するガイドライン」に則り、同認定制度におけるブロンズ認定に必要な知識と技能を全て網羅しています。英語と中国語によるサービスからスタートし、順次その他の言語に対応して行く計画です。

サイトURLは、https://japanese-cuisine.com

7月12日のeラーニングサービス・インに続き、8月上旬には、日本料理を学ぶために必要な料理器具を販売するECサービスも開始する予定です。


Contacts

お問合せは、
株式会社ブルーマジック 担当:Ayumi Kuji
info@japanese-cuisine.com まで。

情報提供元:
記事名:「株式会社ブルーマジック:eラーニングで、本格的な日本料理の文化と技法が学べるjapanese-cuisine.comがサービス・イン