米カリフォルニア州アーバイン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 米国保健社会福祉省の一機関である食品医薬品局(FDA)は、患者安全運動財団のオープンデータ誓約のような活動を通じたデータ公開の原則を支持しています。データ流動性を取り入れた医療制度の創出は、患者に医療機器の開発・評価に積極的にかかわるための能力を身に付けてもらうことに役立ち、また医療機器サーベイランスを実現して、有害事象の発生の発見・予防と、技術利用の利点と不利益に関する理解の向上に貢献します。


医療技術産業のリーダーらは、患者安全運動のオープンデータ誓約に署名することで、各社のデバイスやシステムから出力された非機密データを、干渉や費用なしに公開することを約束することになります。データはアルゴリズムにまとめれば、予防可能な患者被害や死亡を減らすのに利用できます。

患者安全運動財団創設者のジョー・キアニは、次のように述べています。「私たちは当財団の活動をFDAが評価したことをありがたく思うとともに、オープンデータ誓約に署名した100社近くの見識ある企業に感謝します。患者被害は、患者との接点がある非常に数多くの製品から得たデータを使用した予測アルゴリズムと意思決定支援によって防ぐことができます。」

患者安全運動について

米国の病院では毎年20万人以上、そして世界で480万人が予防可能な要因により死亡しています。患者安全運動財団は国際的非営利団体として、患者と病院のための無料ツールの創出に取り組んでいます。これら予防可能な死亡をゼロまで減らすべく、マシモ医療倫理・革新・競争財団の支援により設立されました。患者安全を改善するには、患者、医療提供者、医療技術企業、政府、雇用主、民間保険組織を含むすべての関係者の協働努力が必要です。患者安全運動財団は、すべての関係者と協力して、患者安全のための実施可能なソリューションをもって問題に取り組みます。当財団は、世界患者安全・科学・技術サミットも開催し、世界最高の良心の一部を呼び集めて、示唆に富む議論や現状打破に挑戦する新しいアイデアを交わします。患者安全運動財団は、患者安全の課題に対処するための具体的で影響力が大きいソリューションである「実施可能な患者安全ソリューション」を紹介し、自社製品の購入者にデータを共有するよう医療技術企業に促し、病院に「実施可能な患者安全ソリューション」を導入するよう呼び掛けることで、予防可能な死亡の根絶に向けた活動を続けています。patientsafetymovement.orgをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

David Kodama
Cook + Schmid
dkodama@cookandschmid.com
619-814-2370 x17

情報提供元:
記事名:「米食品医薬品局がデータ公開の原則を支持