アラブ首長国連邦ドバイ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 国連2019年気候サミット(COP 25)準備会議のアブダビでの開催に合せて、ドバイ・エネルギー最高評議会は、ドバイの正味CO2排出量が対策を行わないビジネス・アズ・ユージュアル(BAU)シナリオと比較して19%減少し、また2021年までに炭素排出量を16%削減するという2021年炭素削減戦略の目標排出量を10%下回ったと発表しました。



ドバイ・エネルギー最高評議会は、国連のMRV方法論(測定、報告、検証)を通じて2011年からドバイの炭素排出量をモニタリングしてきました。この詳細なデータ中心のプラットフォームにより、ドバイの意思決定者は戦略を合理化できました。このプラットフォームは、ムハンマド・ビン・ラシード・アル・マクトゥーム・ソーラーパーク、グリーンファンド、世界グリーン経済機関(WGEO)、シャムスドバイ、電気自動車イニシアチブなど、その他のイニシアチブやプロジェクトにとって基軸となりました。

過去数年間のデータによれば、ドバイの1人当たりの電気と水の年間消費量は減少しています。1人当たりの年間電力消費量は、2015年の1万3626 kwhから2018年には1万1731 kwhに減少し、2025年までに1万538 kwhに達すると予測されています。1人当たりの年間水消費量は、2018年に3万8554 IGから3万3565 IGに減少し、2025年には2万8455 IGに達すると予測されています。

アラブ首長国連邦(UAE)は、前回まとめたMRVでCO2排出量が60%改善して1人当たり15.7トンとなりました。これは、米国の1人当たりのCO2排出量16.5トンを大きく下回っています。

ドバイ・エネルギー最高評議会副議長のサイード・ムハンマド・アル・タイヤ閣下は、次のように述べています。「私たちの賢明な指導層のビジョンの達成に向けて尽力する中で、これらの結果を光栄に思います。ドバイは、UAEセンテニアル2071やUAEビジョン2021などの連邦・首長国レベルの戦略に沿い、天然資源の保護、クリーンエネルギーの割合の拡大、グリーン開発計画の実施に向けて、早くから措置を講じてきました。ドバイは、炭素フットプリントの削減に貢献するプログラムや取り組みの実施の先駆者であり、より環境配慮型の未来を追求する取り組みの有効性を証明しています。」

MRVデータの情報画像は、2019年10月に開催される次回の世界グリーン経済サミットで公表できる見通しです。

*配信元:AETOSWire

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Dubai Electricity and Water Authority
Khuloud Al Ali / Ribal Dayekh
+971508141721 / +97143222405
media@dewa.gov.ae
ribal.dayekh@dewa.gov.ae

情報提供元:
記事名:「ドバイが正味CO2排出量の19%削減を達成