中国のモバイル事業者がモバイルネットワークを使用したモバイルIoTベースのソリューションの世界展開をリード、中国は接続数が約10億件という世界最大のIoT市場


上海--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- GSMAは本日、変革的なモノのインターネット(IoT)ソリューションの展開で中国のモバイル通信事業者が世界をリードしていると発表しました。推定9億6000万台1のデバイスをセルラーネットワーク経由で接続し、中国はスマート・ホーム、スマート・インダストリー、スマート・シティといったソリューションの大量市場への展開を通じてIoTの価値を実現し、社会に変革を起こしています。GSMAインテリジェンスによれば、中国は、急成長しているモバイルIoT有免許LPWA技術2を含め、世界で15億件のセルラー接続の64%を占める世界最大のIoT市場です。

GSMAのアレックス・シンクレア最高技術責任者は、次のように述べています。「政府による積極的な支援に支えられている中国は、今や、モバイルIoT技術を用いた革新的で変革的なIoTベースのソリューションの開発と大量導入の最前線にいます。このような新しい技術は複数の異なる分野にまたがって導入され、私たちの生活や仕事の方法を根本から変え、リアルタイム情報を届け、都市をスマートにし、生活を容易で生産的なものにします。」

モバイルIoTの大量展開

中国には、さまざまな分野にわたり、多様な大規模展開の事例があります。例えば、日海智能はパートナーの中国電信(チャイナテレコム)と共に静安区に50万個以上のNB-IoTセンサーを設置して37km以上をカバーし、この地域を真にスマートなコミュニティーに変身させました。設置されたデバイスは、消火栓の水圧センサー、ガス煙感知器、環境モニターを監視します。ネット接続されたマンホールの蓋もガスや地下資産を監視します。統合プラットフォームはデータを一元化して監視・分析し、リアルタイムの改善に役立てます。中国移動(チャイナモバイル)は、火災報知機、温度センサー、ガス煙感知器を含む10万個以上のNB-IoTインテリジェント火災警報システムを中国全土に設置してきました。中国連合通信(チャイナユニコム)は、エネルギー管理をよりインテリジェントにするためにIoTをビッグデータと組み合わせたNB-IoTソリューションを活用し、2万5000個を超えるガス水道メーターを設置しました。

MWC上海2019における「モノのインターネット」プログラム

今年のMWC上海2019では、GSMAの「モノのインターネット」プログラムでワークショップやセミナーを含む数多くの催しが開催されます。その中には「GSMAフューチャーIoTコンベンション」があり、政府、モバイル通信事業者、企業の専門家がIoT、5G、ビッグデータのデモンストレーションを実施し、最新動向を説明します。また、インタラクティブな「GSMAモバイルIoT開発者デー」も開催され、機器の開発を開始したり、NB-IoT技術を利用した製品を市場投入したりする企業を支援します。このIoTプログラムでは、ホール5のGSMAイノベーション・シティにおいてインタラクティブなデモが多数行われ、最新の革新的モバイルソリューションが紹介されます。詳細情報とこれらの活動への登録については、https://www.gsma.com/iot/iot-at-mwcs19/をご覧ください。

コネクテッド・チャイナが費用対効果の高いモバイルIoT技術に焦点を当てる

4YFNのホールE7にあるコネクテッド・チャイナは、スマート・インダストリー、スマート・シティー、スマート・ホームという3つの重要なIoT垂直市場にスポットライトを当てます。エリクソンやファーウェイを含む中国の通信事業者と業界企業が革新的な開発者や新興企業と提携して、ドアロック、フェイシャルスキンケア診断、ペット追跡、ガス感知から火災警報器などまで、費用対効果の高いさまざまな消費者向けIoTソリューションのデモンストレーションを実施します。コネクテッド・チャイナの詳細情報については、www.gsma.com/iot/connected-china-at-mwc19-shanghai/をご覧ください。

MWC19上海に参加しましょう

MWC19上海の動向と最新情報は、GSMAのソーシャルメディアで公開しています。ツイッター(@GSMA、#MWC19)でのフォローをお願いします。リンクトインのショーケースページ(www.linkedin.com/showcase/mwcshanghai/)では定期的に最新情報を掲載しています。フェイスブック(www.facebook.com/mwcshanghai)もご覧ください。中国では新浪微博(http://weibo.com/mwcshanghai)でフォローするか、微信(ウィーチャット)で「GSMA_MWCS」を検索してください。

-以上-

編集者への注記

1.) Q419(GSMAインテリジェンス)

2.) Q419(GSMAインテリジェンス)

GSMAについて

GSMAは世界中のモバイル通信事業者を代表する団体で、750社を超えるモバイル事業者を結集しています。そのうちほぼ400社は携帯電話機および端末メーカー、ソフトウエア企業、機器プロバイダー、インターネット企業など、広範囲なモバイル・エコシステムを構成する企業であり、関連業界セクターの組織も参加しています。GSMAは、バルセロナ、ロサンゼルス、上海で毎年開催する業界有数のMWCイベントのほか、地域カンファレンスのモバイル360シリーズを実施しています。

詳細情報については、GSMAのウェブサイトwww.gsma.comをご覧ください。GSMAをツイッターでフォローしてください:@GSMA

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media:
For the GSMA
April Tsui
+852 2533 9956
atsui@webershandwick.com

Beau Bass
+44 750 444 2916
beau.bass@webershandwick.com

MWC19 Shanghai Press Office
press@mwcshanghai.com

情報提供元:
記事名:「IoTソリューションの大量展開が中国を変革すると、GSMAが発言