2019年度皮膚科学における社会的責任国際賞

「肌への自信喚起に配慮」

プレスリリースをダウンロード – プレスキットをダウンロード

ミラノ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ロレアルは、国際皮膚科学会連盟(ILDS)および第24回世界皮膚科学会(WCD)と共同で、第3回皮膚科学における社会的責任国際賞「肌への自信喚起に配慮」の受賞者を発表しました。


この賞は、皮膚科医が主導する社会的イニシアチブを表彰することで、患者の身体的および精神的な安寧、自尊心、社会的統合、皮膚の健康を向上させ、患者が再び社会参加できるようにすることを目的としています。

ロレアルのアクティブ コスメティックス事業部プレジデントのブリジット・リバーマンは、次のように述べています。「社会的責任はロレアルにとって優先事項であり、ILDSおよびWCDと共同で、人々の生活にプラス作用をもたらす象徴的な皮膚科医らを表彰できるのは当社にとって光栄なことです。」
ILDS会長のHarvey Lui教授は、次のように付け加えています。「皮膚科医は、皮膚の問題を抱える患者の管理に当たる日々の活動の他に、非常に重要な社会的役割を担っていて、それはこれらの賞に取り組む私たちの提携関係に典型的に示されており、世界のために皮膚の健康を促進するというILDSの価値観の中核を成すものです。」

専門家委員会が世界中の計123件のプロジェクトを審査しました。下記の3つのカテゴリーの1つ以上に該当する皮膚科学プロジェクトが審査対象として受理されました。
– 皮膚の健康に関する予防と教育
– 皮膚の問題に直面している人々の生活の質と自尊心の向上
– ケア、補償、手術へのアクセス

ILDSを代表する皮膚科医で構成される独立審査委員会がトップ5のプロジェクト(下記リストと当社プレスキットを参照)を選定しました。審査委員を務めるWCD会長のGiovanni Pellacani教授は、次のように述べています。「世界皮膚科学会の枠組みで、皮膚科コミュニティーを前に賞を授与できるのは当組織にとって大きな喜びです。」

2019年度皮膚科学における社会的責任国際賞
「肌への自信喚起に配慮」

アフリカ・中東部門:Dalia Gamal Aly教授、Ragia Hany Weshahy医師(エジプト)
「火傷後の生活改善に向けて」(For a Better Life after Burns)

アジア部門:Sabina Bhattarai医師(ネパール)
「ネパールの地方における皮膚科患者ケア:サービスが届かないところに届ける」(Dermatology Patient Care in Rural Nepal: Reaching the Unreached)

欧州部門:Kathrin Giehl教授(ドイツ)
「Besonderhaut - 希少/遺伝性皮膚疾患の小児患者を対象としたイニシアチブ」(Besonderhaut – Initiative for Children with Rare and Genetic Skin Diseases)

北米部門:Mark Holzberg医師(米国)
「マーシー・ケア・クリニックのゲートウェイ・センターでアトランタ州のホームレスのためにボランティア皮膚科医が運営する皮膚科クリニック」(Volunteer Dermatologist Dermatology Clinic for Atlanta’s Homeless at the Mercy Care Clinic at the Gateway Center)

中南米部門:Carolina Reato Marçon医師(ブラジル)
「Pró-Albinoプログラム:白皮症に対する光線性皮膚損傷の予防・診断・治療、精神的支援、社会的包摂」(Pró-Albino Program: Prevention, Diagnosis and Treatment of Actinic Skin Damage, Emotional Support and Social Inclusion in Albinism)

2019年度の受賞プロジェクトのビデオはこちらをご覧ください:http://www.inspireskinconfidence.com

レバノン、ナイジェリア、フィリピン、スペイン、ポルトガル、ロシア、カナダ、メキシコ、アルゼンチンからの地域別のイニシアチブとその他のトッププロジェクトの詳細については、プレスキットをクリックしてください

ロレアルの詳細情報については、こちらをご覧ください:http://mediaroom.loreal.com/en/

国際皮膚科学会連盟(ILDS)の詳細情報については、こちらをご覧ください:http://ilds.org/

世界皮膚科学会(WCD)について:https://www.wcd2019milan.org/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

L’ORÉAL (switchboard: +33 1.47.56.70.00)

Individual shareholders and market authorities
Jean Régis CAROF
Tel: +33 147 56 83 02
jean-regis.carof@loreal.com

Financial analysts and institutional investors
Françoise LAUVIN
Tel: +33 147 56 86 82
francoise.lauvin@loreal.com

Journalists
Polina HUARD
Tel: +33 147 56 87 88
polina.huard@loreal.com

Bertrand CHUBERRE
Tel: +33 149 64 31 74
bertrand.chuberre@loreal.com

Contacts ILDS
Joanna GROVES
Tel: +44 7962 054173
jgroves@ilds.org

Contacts WCD
Antonella NALLI
Tel: +39 348 706 1460
wcd2019media@thetriumph.com

情報提供元:
記事名:「ロレアル、ミラノで開催の世界皮膚科学会で皮膚科医らが主導する社会的イニシアチブを表彰