米ノースカロライナ州ダーラム--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- オーソバイオロジクス・ソリューションの世界的リーダー企業のBioventusは、世界最大の組織バンクであるMTF Biologicsと共同開発契約を締結したと発表しました。これは疼痛性の筋骨格疾患を治療するための次世代の胎盤組織製品を共同開発するもので、皮切りとして変形性膝関節症に取り組みます。契約の条件は公表していません。

Bioventus最高経営責任者(CEO)のTony Bihlは、次のように述べています。「変形性関節症に対する新しいオーソバイオロジクス製品の開発は、Bioventusの中核的な狙い所であり、変形性膝関節症の症状を緩和し、疾患の進行を遅らせ得るソリューションをめぐり、MTF Biologicsとの提携を開始できることは当社にとって喜びです。また当社は本プログラムの一環として、本製品の追加的な用途や適応症の開発で協力することを期待しています。これらの調製品は胎盤組織に内在する成長因子や調節分子のおかげで、身体の自然な治癒プロセスをサポートする潜在力を持っており、このことを支持する前臨床・臨床の証拠には有望なものがあり、増え続けています。」

MTF Biologicsのプレジデント兼最高経営責任者(CEO)であるJoe Yaccarino氏は、次のように述べています。「MTF Biologicsは、この新しいソリューションを上市するためにBioventusとの協力を開始できることに感激しています。当組織は、この提携関係を通じ、患者と医師に対し整形外科用の革新的なバイオ製品を共同開発して提供できると期待しています。」

MTF Biologicsについて

Musculoskeletal Transplant Foundation(筋骨格移植基金)としても知られるMTF Biologicsは、ニュージャージー州エジソンを拠点とする非営利団体です。当組織は有力な臓器調達機関、組織再建機関、学術医療機関から構成されるコンソーシアムで、組織移植の有力専門家である外科医から成る委員会が運営しています。MTF Biologicsは、世界最大の組織バンクとして、ドナーからの提供を受け入れ、患者にサービスを提供し、科学を進歩させることで、人命を救い、人々を治癒します。当組織は1987年の創設以来、13万2000人以上のドナーから組織の提供を受け、860万体以上の移植用グラフトを供給してきました。当組織は子会社のIIAMを通じ、移植不能な5万8000体の臓器を研究に供しました。また子会社のStatlineを通じ、1130万件のドナー紹介を処理しました。詳細情報については、www.mtfbiologics.orgをご覧ください。

Bioventusについて

Bioventusはオーソバイオロジクス企業として、臨床的に効果が実証され、コスト効率が高く、人々の迅速・安全な治癒に貢献する製品を提供しています。その使命は、患者の皆さまが活動的な生活を再開して謳歌するのを支援することで良い変化をもたらすことです。Bioventusのオーソバイオロジクス製品には変形性関節症、骨の外科的/非外科的治癒のための製品が含まれます。高い品質基準、証拠に基づく医療、確固とした倫理的行動への取り組みを基礎とするBioventusは、世界中の医師にとって信頼できるパートナーです。詳細については、www.BioventusGlobal.comをご覧になるか、ツイッター(@Bioventusglobal)で当社をフォローしてください。

BioventusおよびBioventusのロゴはBioventus LLCの登録商標です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Thomas Hill
919-474-6715
thomas.hill@bioventusglobal.com

情報提供元:
記事名:「BioventusがMTF Biologicsと共同で変形性膝関節症のための次世代胎盤組織製品を開発へ