米ミネソタ州セントポール--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界のM&A専門家向け大手テクノロジー・プロバイダーのメリルコーポレーションは本日、当社のデューデリジェンス・アプリケーションのDatasiteOneがデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー(DTFA)の合併&買収(M&A)アドバイザリー・ソリューションの一部として利用できるようになったと発表しました。


DatasiteOneは、安全でインテリジェントなデューデリジェンスとエンタープライズ・コラボレーションを提供し、デジタルM&Aサービスにより顧客のニーズを満たすDTFAの取り組みを強化します。契約条件に基づき、メリルコーポレーション・ジャパンはDTFAと協力し、DTFAの日本の顧客に仮想データルーム(VDR)サービスを提供します。

DTFAの福島和弘最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「このアプリケーションにより、当社のアドバイザーは、数千社ものM&Aクライアントによりしっかりとしたサービス一式を提供することができます。DatasiteOneは、売り手と買い手の間で、財務文書や法律文書などの情報を安全に共有できるようにすることで、クライアントを支援します。」

メリルコーポレーションのラスティ・ワイリー最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「DTFAに協力して、同社のクライアントに完全デジタルのインテリジェントで安全なアプリケーションを提供し、クライアントのデューデリジェンス・プロセス管理を支援できることを大変うれしく思っています。たいていの場合、組織は、M&Aデューデリジェンス・プロセスにおけるコンテンツ・コラボレーションの要求が複雑であるという問題を抱えています。特に、多数の関係者が機密の企業文書にアクセスする上での適正なアクセスレベルを保証することや、ダッシュボードや分析機能を用いて戦略的意思決定を支援することなどです。」

メリルのDataSiteOneプラットフォームの詳細情報やデモについては、こちらをクリックしてください。

メリルについて

メリルコーポレーションは、M&Aライフサイクル参加者のための世界的大手SaaSプロバイダーです。当社の主力プラットフォームのDataSiteOneは、安全でインテリジェントなデューデリジェンスとエンタープライズ・コラボレーションを強化し、170カ国以上数千件の取引に利用されています。詳細は、www.merrillcorp.comをご覧ください。

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリーについて

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリーは、主に日本におけるM&Aと危機管理の問題を中心に戦略サービスと取引関連のサービスを提供しています。当社は、日本最大級の専門サービスグループであるデロイト トーマツ グループの企業です。詳細情報については、グループのウェブサイト(www.deloitte.com/jp/en)をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Laura Powers
Merrill Corporation
212-367-6168
Laura.powers@merrillcorp.com

Nicholas Koulermos
5W Public Relations
646-843-1812
Merrill@5WPR.com

情報提供元:
記事名:「メリルコーポレーションのデューデリジェンス・アプリがデロイト トーマツのM&Aアドバイザリー・ソリューションに選択される