ゲーム熱が高性能コンピューティングの戦いに波及

台北--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 2019年台北国際コンピューター見本市(COMPUTEX 2019)が本日(6月1日)、大成功を収めて閉幕しました。この5日間で、171カ国から4万2495人もの大勢の海外バイヤーが見本市に来場し、前年比0.5%増となりました。バイヤーの出身国上位10カ国は、中国、米国、日本、韓国、香港、タイ、シンガポール、ドイツ、マレーシア、インドです。COMPUTEXは再び、業界サプライチェーンの企業を結び付け、技術エコシステムに無限の可能性を開く一流ICT見本市としての役割をはっきりさせました。加えて、InnoVEX 2019には3日間で1万8251人が来場して前年比3%増となり、新興企業の大きなうねりを示しました。見本市の期間中に、世界各地の大口バイヤー76社が470件の1対1の調達商談会に参加しました。さらに、InnoVEXでは、Samsung NEXT、LINE、デルタ、中國信託、イスラエル最大の資金調達プラットフォームのアワクラウド(OurCrowd)など国際的なベンチャーキャピタル企業45社を招き、新興企業69社とのマッチングを行いました。


多くのゲーム機が発表され、新世代の高性能製品が光輝く

ふんだんな製造予算とマーケティング費用を投じ、新しいAAAゲームを発展させ投入することで、PCメーカーは技術の壁を打破すべく挑戦しています。高性能のマルチタスクプロセッサー、グラフィックカード、メモリー、高性能周辺機器の開発は、これらのブランドがプロのeスポーツプレーヤーや熱狂的ゲーマーの求めに応じ、没入型ゲーム体験に対する要求と期待に応えようとしていることを示しています。

COMPUTEXで展示された微星科技(MSI)の主力製品のGT76 Titanゲーミング・ラップトップは、Intel® Core™ i9プロセッサーを搭載しています。本プロセッサーは8コアすべてを5.0GHzにオーバークロックできるとともに、極めて優れた冷却機能で猛烈な高熱を処理し、新しいGT Titanにオーバークロックされたデスクトップ性能を提供しています。威剛科技(ADATA)はXPG ORBを展示して、すべてのXPG製品を紹介し、没入型体験を提供しました。華擎科技(ASRock)は、マザーボードのファントム・ゲーミングを紹介しました。その上位モデルのZ390ファントム・ゲーミングXは、Wi-Fi 6(802.11ax)をサポートする世界初のマザーボードとして、熱性能を向上させ、優れた性能を実現しており、COMPUTEXで最も注目を集めました。

国際舞台でチャリティーのための感動的なeスポーツ大会を開催

COMPUTEXで開催された初のチャリティーeスポーツ・イベントのZOTAC CUPファイト・フォー・チャリティーLOLトーナメントは、本日終了しました。計10万米ドルの優勝賞金が、米国のEスポーツ財団、ドイツのゲーミング・エイド、メイク・ア・ウィッシュ財団を含む慈善団体に贈られます。ZOTACは大義のために好影響を及ぼし、見返りを与えることに成功しました。

芝奇國際實業(G.Skill)が主催し、サムスンとインテルがスポンサーを務めるG.Skill OCワールド・レコード・ステージ2019とOCワールドカップ2019は、ルーマニアのAlex@roが優勝して終了しました。第8回G.Skill OCワールド・レコード・オーバークロッキング大会では、大手eスポーツ・ベンダーから15人のオーバークロッカーを招き、会場で強力なハードウエア性能が実演されました。一方、このオーバークロッキング大会に加えて、G.Skillエクストリーム・モッド・ステージ2019では、有能なシステム・モッド・ビルダーのチーム10組を招待して、COMPUTEXでその創造性を最大限に発揮し、世界で最も創造性あふれる特別なシステム・モッド11件を発表してもらいました。

世界中の有望な新興企業がInnoVEXに集い、売り込み大会賞が授与される

世界的な指標としてのInnoVEXは、新興企業に無限の創造性を発揮するよう奨励し、宣伝の機会を提供するプラットフォームです。毎年、InnoVEXでは売り込み大会を開催しています。今年は、賞金総額が42万米ドルに達しました。3万米ドル相当の大賞は、医流体(MedFluid)が受賞しました。動見科技(Omni Eyes)、米菲多媒体(Mind & Idea Fly)、Onesoftdigm、医流体、PurCityが、スタートアップ・テラス賞と賞金6万米ドルを獲得しました。綿天科技(MTAMTech)が台杉投資から1万米ドルを獲得し、見臻科技がクアルコムから1万米ドルを獲得しました。

今回初めて、CEO基調講演がCOMPUTEXプレショー国際記者会見に盛り込まれ、AMD社長兼最高経営責任者(CEO)の蘇姿豊(リサ・スー)博士が基調講演を行いました。蘇姿豊博士は、次世代コンピューティングが革新を推進する様子について語りました。また、博士はコンピューティング業界のエコシステムを構成するマイクロソフト、エイスース、エイサー、20社近くの業界パートナーを迎えました。台湾貿易センター(TAITRA)の林芳苗(Leonor Lin)副秘書長は、「今年は、AI、IoT、5Gの進歩に後押しされたさまざまな革新的アプリケーションを目にしました。莫大な量のデータの処理技術と高性能コンピューティングは、将来の技術業界の成長を支える最も重要な原動力の1つになるでしょう。COMPUTEX 2019は、世界的な技術エコシステムを構築するという約束を果たしました。見本市の範囲と参加者の数が記録を更新する中で、私たちはCOMPUTEXがすべての人に繁栄をもたらす世界的な技術エコシステムの構築に向けて技術企業を導き続けるものと期待しています」と述べています。

見本市の最新情報は下記をご覧ください。

COMPUTEXのウェブサイト:http://www.computextaipei.com.tw/zh_TW/
COMPUTEXのフェイスブック:https://www.facebook.com/COMPUTEX.TAITRA/

台北国際コンピューター見本市(別称:COMPUTEX)について:

1981年に設立された台北国際コンピューター見本市は、サプライチェーンとIoTエコシステムを網羅した世界有数のICT、IoT、新興企業のための見本市の1つです。台湾貿易センター(TAITRA)と台北市電脳商業同業公会(TCA)が共同で開催する台北国際コンピューター見本市は、台湾の包括的なICT集団を基盤とし、ICT確立されたブランド企業から新興企業まで、またサプライチェーンからIoTエコシステムに至るまで、ICTのあらゆる領域をカバーしています。台湾は、強力な研究開発能力および製造能力と、知的財産権(IPR)保護を備えているため、世界的な技術エコシステムでパートナーを探している外資系企業や投資家にとって、戦略的な目的地となっています。台北国際コンピューター見本市をウェブサイト(www.computextaipei.com.tw)とツイッター(@computex_taipei、#COMPUTEX)でフォローしてください。

TAITRAについて:

貿易促進を支援するために1970年に設立された台湾貿易センター(TAITRA)は、台湾有数の非営利貿易促進組織です。TAITRAは、政府と業界団体、そしていくつかの営利団体が共同で後援しており、台湾の企業とメーカーが国際競争力を高め、海外市場で直面する課題に対処できるように支援しています。

TAITRAは、熟練した1200人以上の専門家から成る十分に調整された貿易促進・情報ネットワークを誇り、台北の本拠のほか、桃園、新竹、台中、台南、高雄の5カ所に国内事務所を、世界各地の60カ所に海外事務所を展開しています。姉妹組織である台湾貿易センター(TTC)および台北世界貿易センター(TWTC)と共に、効果的なプロモーション戦略を通じて、数々の貿易の機会を生み出しています。

TAITRAは、通商代表団を組織したり、カスタマイズされた調達サービスを提供したりするほか、台北と高雄で年間35を超える国際見本市を主催しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Press Contact:
Belinda Chen (TAITRA)
cpx-press1@taitra.org.tw

情報提供元:
記事名:「COMPUTEX 2019が成功裏に閉幕