東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- PHCホールディングス株式会社(本社:東京都港区、以下「PHCHD」)の100%子会社である、PHC株式会社(以下「PHC」)は、このたび、株式会社MICIN(本社:東京都千代田区、以下「MICIN」)が開発した、院内処方薬の配送までをサポートするオンライン診療サービス「クロン」とPHCが販売する電子カルテシステムとの連携に関する基本合意を締結いたしましたのでお知らせします。

生活習慣病や認知症など、継続的な治療を必要とする慢性疾患が増加しています。このような疾患を持つ患者さんには、仕事が多忙な働き盛り世代や通院に介助が必要な高齢の方も多いため、継続通院が難しくなるケースがしばしば見られます。


「クロン」は、患者さんの診療予約から、問診、診察、医療費の決済までをインターネット上で完結できるだけでなく、院内処方薬の配送までをサポートするオンライン診療サービスです。チャット形式で行う問診やビデオ通話を用いた効率的な診察に加えて、患者さんの自宅まで院内処方薬を配送することにより、仕事が多忙な患者さんや移動が難しい高齢の方々の、治療の離脱防止と欠薬による疾病の重症化予防への効果が期待できます。更に、PHCの電子カルテシステムとの連携によって、効率的な医療と情報管理が可能となります。

PHCHDは、糖尿病ケア、診断、ライフサイエンス、ヘルスケアITの事業領域において、付加価値の高い製品・サービスを提供するグローバルヘルスケア企業です。このたびの基本合意契約締結は、PHCのヘルスケアIT事業における電子カルテシステムとMICINのオンライン診療サービスとの連携を通じて、オンライン診療の普及とPHCの電子カルテのさらなる活用推進を目的としています。

PHCにて取締役およびメディコム事業部長を務める大塚孝之は、「当社は、1972年に日本で初めて医事コンピューターを発売して以来、蓄積された経験と知識を活用し、医療情報システム分野では医療IT業界をリードする製品を提供しています。主力製品である電子カルテシステムを核に、健康管理から診療、診断までの遠隔医療を含めた次世代の医療ソリューションプラットフォーマーを目指しています。このたびのMICINとの提携を機に、当社はオンライン診療を含め、患者さんや医療従事者のニーズに応えるより良いソリューションサービスの提供を通じて、より質の高い医療の実現に貢献していきます。」と述べています。

<PHCホールディングス株式会社について>
PHCホールディングス株式会社は、2014年に設立し、傘下にPHC株式会社やアセンシア ダイアベティスケアホールディングス株式会社などを持つグローバルヘルスケア企業です。健康を願うすべての人々に新たな価値を創造し豊かな社会づくりに貢献することを経営理念とし、糖尿病ケア、診断、ライフサイエンス、ヘルスケアITの事業分野において、開発、製造、販売、サービスを行っています。その製品・サービスは、世界125カ国以上のお客様にお使いいただいています。
www.phchd.com/jp/

<PHC株式会社・メディコム事業部について>
PHC株式会社は1969年に設立し、PHCホールディングスグループの日本における事業会社として糖尿病ケア、診断、ライフサイエンス、ヘルスケアITの分野で事業を展開しています。メディコム事業部は1972年に国内で初めて医事コンピューターを開発、発売して以来、事業ブランド「メディコム」を掲げ、電子カルテシステムをはじめとしたヘルスケアIT製品・サービスの提供を通じて、患者さんへの医療サービス向上と医療従事者の業務効率改善に取り組んでいます。
www.phchd.com/jp/medicom/

<株式会社MICINについて>
株式会社MICINは医師で代表取締役の原聖吾が2015年に設立しました。オンライン診療サービス「クロン」などを手掛けるアプリケーション事業と、医療データをAIなどで解析・活用するデータソリューション事業を展開しています。「すべての人が納得して生きて、最期を迎えられる世界を」というビジョンの実現を目指しています。
https://micin.jp/


Contacts

【お問い合わせ先】
PHCホールディングス株式会社
コーポレートコミュニケーション部
岡田 昌代
電話:03-6778-5311

情報提供元:
記事名:「PHC株式会社と株式会社MICINによる、院内処方薬の配送までをサポートするオンライン診療サービス「クロン」とのシステム連携に関する基本合意の締結について