米カリフォルニア州サンタクララ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- IPValue Managementは本日、メディアテックが世界的な非独占的特許ライセンス契約をIPValue Management子会社のフューチャー・リンク・システムズ(FLS)との間で締結したと発表しました。メディアテックは、携帯電話、スマートTV、ボイス・アシスタント・サービス(VAD)、アンドロイド・タブレット、フィーチャーフォン、光学およびブルーレイDVDプレイヤーのためのチップセット技術における世界をリードするイノベーター企業です。


IPValueのFLSポートフォリオには、北米、アジア、欧州の9カ国で発行された約200件の特許が含まれています。これらの特許は、当初はNXPセミコンダクターズとフィリップスに付与されたものであり、基礎的な半導体回路設計や製造プロセスの技術をカバーしています。これらの特許は、データ相互接続やインターフェイスを含む多様なコンセプトに関係し、コンピューターやネットワークのアーキテクチャー、ゲーミング・デバイス、携帯電話、プロセッサー、半導体メモリー、その他の集積回路機能を実現するものです。

「当社は、相互に合意できる条件でFLS特許ポートフォリオをメディアテックにライセンスできたことをうれしく思います。この契約は、潜在的なライセンシーとの建設的でオープンな対話が友好的な取引につながるという当社の考え方を裏付けるものとなりました」と、IPValue最高経営責任者(CEO)のJohn Lindgrenは述べています。今回の取引で、世界の半導体企業上位10社中4社をはじめとするFLSポートフォリオ・ライセンシーのリストに、メディアテックが名を連ねることになりました。

IPValue Managementについて

IPValueの使命は、主要なテクノロジー企業と協力してIPポートフォリオから収益を生み出すことで、イノベーションを促進することです。2001年の発足以来、IPValueは特許ライセンスで20億ドル以上(キャッシュベース)を生み出し、その結果、パートナー企業に10億ドルの資金をもたらしました。IPValueは現在、7000件を超える特許を保有し、それらの収益化事業を営んでいます。詳細情報はこちらをご覧ください:www.IPValue.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

George Park
george.park@ipvalue.com

情報提供元:
記事名:「メディアテックがIPValue Managementから特許ポートフォリオをライセンス