レピュテーション・インスティテュートが実施した第2回CEO RepTrak®調査は、責任ある行動をとり、倫理的な振る舞いをし、社会的問題に配慮することが最高経営責任者(CEO)の評判の最も重要な決定要因と指摘

ダラス--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界的な化粧品ブランドのメアリー・ケイは本日、会長兼最高経営責任者(CEO)のデビッド・ホールがレピュテーション・インスティテュートによるCEO RepTrak 2019において世界で評判の良いCEOトップ10に選出されたことを発表します。世界有数の評判測定企業のレピュテーション・イスティテュートは、世界の140人を超えるCEOの評判を測定し、情報に通じた人々による23万件以上の個々の評価を詳しく分析しました。この調査は、今年1~2月に実施されました。


メアリー・ケイ・アッシュの息子で、共同創業者、執行会長のリチャード・R・ロジャースは、次のように述べています。「2006年にCEOに就任して以来、ホールのリーダーシップと業務上の専門能力は、メアリー・ケイの成功に大きく貢献してきました。メアリー・ケイは明確な目的を持って誕生したブランドであり、当社の創業の価値感を重視する揺るぎない姿勢により、ホールは真に類いまれな最高経営責任者およびリーダーとなっています。」

レピュテーション・インスティテュートのカイリー・ライトフォード最高経営責任者(CEO)によれば、責任ある行動をとり、倫理的な振る舞いをし、社会的問題に配慮することがCEOの評判の最も重要な決定要因です。実際、レピュテーション・インスティテュートの調査結果を見ると、CEOは利益率よりも倫理感に基づいて判断される傾向にあります。したがって、CEOとそのCEOが率いる企業に対する認識は直接関係していると言えます。

レピュテーション・インスティテュートの2019年CEO RepTrak調査で世界のCEOトップ10に選ばれたCEOは以下の通りです(アルファベット順):

  • ベン・ファンブールデン、シェル(OTCMKTS: RYDAF)
  • ニールス・B・クリスチャンセン、レゴ・グループ
  • マイケル・デル、デル
  • エマニュエル・ファーベル、ダノン(OTCMKTS: DANOY)
  • ファブリツィオ・フリーダ、エスティ ローダー(NYSE: EL)
  • 古川俊太郎、任天堂(OTCMKTS: NTDOY)
  • ラルフ・ハマーズ、INGグループ(NYSE: ING)
  • デビッド・ホール、メアリー・ケイ
  • クリストファー・J・ナセッタ、ヒルトン・ワールドワイド・ホールディングス(NYSE: HLT)
  • カールステン・シュポア、ルフトハンザ ドイツ航空(OTCMKTS: DLAKF)

先日、メアリー・ケイはフォーブスの多様性に最も優れた米国の雇用主および米国の最高の中規模雇用主のリストに選定されました。

メアリー・ケイについて

ガラスの天井を打ち破った女性の先駆者の一人として知られるメアリー・ケイ・アッシュは、55年以上も前に次の3つの目標を掲げて自ら化粧品会社を起業しました。その目標とは、女性にやりがいのある機会を与えること、魅力的な製品を作ること、世界をより良い場所にすることです。彼女の夢は、約40カ国に数百万人の独立したセールス担当者を擁する数十億ドル規模の会社へと発展しました。メアリー・ケイは、美容の背後にある科学の研究と、最先端のスキンケア、カラー化粧品、栄養補助食品の製造に注力しています。当社は、メアリー・ケイ財団を通じてガン研究と家庭内暴力シェルターへ7800万ドル以上の寄付を行ってきました。メアリー・ケイ・アッシュが抱いていたビジョンは、口紅を1本ずつ売るごとに、さらに輝きを増しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Mary Kay Inc. Corporate Communications
marykay.com/newsroom
972.687.5332 or media@mkcorp.com

情報提供元:
記事名:「レピュテーション・インスティテュートの調査でメアリー・ケイのデビッド・ホールが世界で評判の良いCEOトップ10に選ばれる