ポール・J・マーティンズはMNXグローバル・ロジスティクスの諮問委員会会長に就任

米カリフォルニア州ロングビーチ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- MNXグローバル・ロジスティクス(MNX)は本日付で、ジョン・ラブリを社長兼最高経営責任者(CEO)に任命しました。また、MNXは2014年よりMNXのCEOを務めていたポール・J・マーティンズがMNX諮問委員会会長として、今後もMNXの戦略策定に積極貢献していきます。


オーダックス・プライベート・エクイティのマネジングディレクターのデビッド・ウォンは、次のように述べています。「取締会およびオーダックスは、マーティンズ前CEOが在任中、新市場への有機的な参入拡大と買収による世界的な拡大を成功へ導き、MNXへ貢献したことに対して、感謝の意を表したいと思います。ジョン・ラブリ新CEOは買収の機会を通じたMNXの拡大を継続する戦略計画の下、この戦略を遂行するのにふさわしい適切な運営能力と指導力を備えています。」

ラブリの前職は、2018年にMNXが特急配送部門を買収したネットワーク・グローバル・ロジスティクスのCEOです。それ以前にはエコー・グローバル・ロジスティクスおよびコンウェイ( 後にXPOロジスティクスが買収)で、種々の上級幹部職も歴任してきました。

ジョン・ラブリは、次のように述べています。「当社は献身的で熱意と創意のある従業員を擁しており、この素晴らしい組織を率いる機会をいただいて、光栄に思い、胸を躍らせています。全員で力を合わせて、当社顧客の重要な物流課題を解決していきます。時間制約が厳しい物流セクターのリーダー企業としての立場を一層確固たるものとするために、MNX発展に傾倒します。」

ポール・マーティンズは、次のように述べています。「ラブリCEOと共に新たな章へ向かうMNXに今後も助言を続けられることを非常にうれしく思います。過去数年間で、MNXはヘルスケア、医療、航空機、他の特殊なエンドマーケットの分野で、時間制約が厳しい物流サービスを提供する有力企業へと自己変革を遂げました。そして当社は、自社の戦略を加速させていく上で、有利な立場にあると確信しています。」

2018年7月、オーダックス・プライベート・エクイティは、時間制約が厳しい物流サービスを提供する有力な独立企業の設立に貢献するという目標を持ち、MNXに投資しました。MNXは従業員チームと技術への投資に加え、買収を通じて、提供サービス、能力、展開地域の拡大を継続する計画です。

MNXグローバル・ロジスティクスについて

MNXグローバル・ロジスティクス(www.mnx.com)は、特殊特急配送と物流サービスを提供する世界一流企業です。顧客には、バイオ医薬品、ライフサイエンス、医療機器、航空機、テクノロジー、エンターテインメントなどの業界における多国籍のリーダー企業があります。これらの組織は、世界各地へ重要品を輸送するMNXの卓越した実績に信頼を寄せています。

オーダックス・プライベート・エクイティについて

オーダックス・グループは代替投資運用の有力企業として、ボストン、ニューヨーク、サンフランシスコに事業所を構えています。1999年の設立以来、未公開株式および民間債の事業で240億ドル以上の資本を調達してきました。オーダックス・プライベート・エクイティは、プラットフォーム企業120社とアドオン企業760社以上へ50億ドル超の投資を行ってきました。オーダックスは、規律あるバイ・アンド・ビルド(買収と構築)手法を通じてプラットフォーム企業によるアドオン企業の買収を支援し、収益の増加、業務運営の最適化、株式価値の大幅拡大に当っています。従業員240人以上と100人を超える投資専門家を擁するオーダックスは、北米の中堅企業にとっての有力な資本パートナーです。詳細については、オーダックス・グループのウェブサイト(www.audaxgroup.com)をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media Contact:
Ken Ying
Vice President Marketing
(310) 981-0919
kenneth.ying@mnx.com

情報提供元:
記事名:「MNXグローバル・ロジスティクスがジョン・ラブリを社長兼最高経営責任者に任命