Braidy Atlasは持続可能性とサプライチェーンを重視する画期的な計画を発表した。

炭素排出量が少ない方法で生産された所謂”低炭素”で高品質なアルミ薄板製品の量的拡大目標に沿った、包括的循環型リサイクル戦略を進める。

同社は工程の最初から一貫して100%のグリーン資源を使用する初のアルミ薄板圧延品製造工場になるとのコミットメントを最近発表した。

アシュランド、ケンタッキー州--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- Braidy Atlas(「Braidy」)はBMWグループ(「BMW」)と共同して、5000xおよび6000xシリーズ向け自動車用アルミ薄板の持続可能性と将来にわたる供給のため、技術/認定に関する画期的な計画を策定したと発表した。包括的な循環型リサイクル戦略には、Braidy Atlasの拠点であるケンタッキー州アシュランドが、サウスカロライナ州スパルタンバーグにあるBMWの自動車生産工場に近接しているという、物流面で最適な立地であることの活用も含まれている。

Braidy Atlasは、工程の最初から一貫して100%グリーン資源を使用する北米で初のアルミ圧延品製造工場を目指すと最近発表した。Braidy Atlasは米国の圧延工場として初めて米国環境保護庁(EPA)から二酸化炭素排出許可を取得しており、競合他社よりも20%低い排出量を目標としている。

Braidy Atlasの最高経営責任者であるCraig Bouchard氏は、「当社の低コスト、高品質、低カーボンフットプリントの製品を使用することにより、主要顧客であるBMW向けのグローバルサプライチェーンのコストを大幅に改善することができます。」と述べている。

ロシアのアルミニウム大手であるEN+の取締役会長でありBraidy Atlasの共同会長であるLord Gregory Barker卿は、「この画期的な提携は、当社が最高品質のアルミニウムと最低炭素排出量を結びつけて競争力をつける機会となるだけでなく、北米のみならず世界中のアルミ業界で意欲的な新基準が設定される機会ともなるでしょう。」と述べている。

---

Braidy Atlasについて:

  • Braidy Atlasは、ケンタッキー州アシュランドを本拠とするBraidy Industriesと、United Company RUSALの37年間のパートナーシップによる、米国初の更地を造成して建設された圧延品生産会社。
  • 素材として高品質の低炭素一次アルミニウムだけを使用する北米初の工場でもある。
  • Braidy Atlasは、最低コスト、最高品質、最低レベルのカーボンフットプリントという「ゴールデントライアングル」を具備した低価格の製品について持続可能性をコミットした、重工業分野で初の工場。

詳細については、www.braidy.comをご覧ください。


Contacts

Media:
Jaunique Sealey
Tel: 606-420-4645
jsealey@braidyindustries.com

情報提供元:
記事名:「Braidy Atlas、持続可能性とサプライチェーンを重視した自動車メーカーとの提携を発表