上海--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 2019年4月18日に、「アジア10都市でのDUSD:「ウォールストリートからニューワールドへ」」は上海で盛会のうちに幕を閉じました。トラストExは取引所としてこの会議に参加し、DUSDとの公式契約を締結しました。1200社を超えるメディアが参加して、会議を報道しました。

DUSDは、真の意味でウォールストリートを起源とするステーブルコインであり、米国の法律による厳格な監督と保護の下でニューヨーク・デジタルUSDが運営しています。DUSDは透明性が高く完全に独立的であり、その信頼性の高いアカウントは、独立した第三者監査機関による定期的な監査を受けています。これは、世界で初めてのデジタル米ドルのステーブルコインであり、米ドルと1対1の比率で高度に結びついており、主にアジア市場に向けて発行されています。DUSDは、「世界の利用者のために実世界とデジタル世界を結びつける橋渡しをすることに常に努力しており、国や地域の境界を越えて利用者にデジタル金融サービスを提供することにも力を入れています。」

トラストExの共同設立者のPrasenjeet Jeetが、取引締結に関してスピーチを行いました。トラストExが利用者に最も安全で最も透明性の高いサービスを提供することと、デジタル通貨取引のためのプラットフォームを構築することに注力していることが、その中で明言されました。さらに、トラストExのプラットフォームの独自のAIおよびブロックチェーン技術を全面的に活用することで未来のブロックチェーンのための独自の完璧なエコロジカル・システムが構築され、より多くの人のために価値が創造されます。スピーチの終わりには、DUSDの成立に関する心からの喜びが表明されました。

会議の際に、DUSDは多数の取引所、プロジェクト・サイド、ノードとの協力を達成しました。これには、ZG.TOP、ExShell、BOSS、biger、BIONE、Cloudex、AOB Copyright Chain、GEST Energy-saving Chain、CJOY、lsunicorn、BGTゴールド・ステーブルコイン、Liaotongネットワーク、GABノードが含まれ、その場で調印式が開かれました。将来的には、DUSDはより多くの質の高いパートナーと手を結び、共に着実に前進し、DUSDのグローバルなエコロジカル・サークルを構築していきます。

これは「デジタル・ファイナンス「アリペイ」アジア10都市でのDUSD」の最初の会議であり、この後、9都市でのオフライン会議が続きます。今後の開催都市は、ソウル、シアヌークビル、ハノイ、フアイサーイ、シンガポール、マニラ、バンコク、ジャカルタ、ムンバイです。

会議の後、トラストExとDUSDは、ブロックチェーンの分野での努力を継続的に深め、デジタル通貨市場の可能性を模索しつつ、質の高いサービスをより多くの利用者に提供していきます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Jason Li
Trust Ex
trustex1988@gmail.com

情報提供元:
記事名:「トラストExがDUSDによる将来のエコロジカル経済の共同構築を公式に支持