加ブリティッシュコロンビア州ビクトリア--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- カナダのテクノロジー持株会社のタイニーは本日、ショピファイのエコシステムの代表的なパートナーであるピクセル・ユニオンの過半数持分を取得したと発表しました。2011年以降、ピクセル・ユニオンはショピファイの顧客に美しく使いやすいテーマ、アプリ、カスタム・サービスを提供しています。


タイニーのアンドリュー・ウィルキンソン会長は、次のように述べています。「eコマースの将来性は明らかですが、多くの人々は依然としてこの業界はまだ揺籃期にあることに気づいていません。2018年の小売売上高に占めるオンライン販売の割合はわずか14%でした。今後10年間にこの割合は2倍以上に膨らむと予想され、私たちはその実現に貢献したいと考えています。ショピファイは業界で最高のeコマース・プラットフォームで、小売業者によるオンラインショップの開設を支援する万全の体制が整っています。このプラットフォームに全力を傾け、引き続き当社の時間、エネルギー、資本を投下することにより、ショピファイをオンライン小売業者の最初の選択肢となるようにしていく所存です。」

タイニーは2009年にピクセル・ユニオンを設立し、2014年にその過半数の持分をテリジェンス・キャピタルに売却しました。2019年4月1日に、タイニーはフリーマーク・パートナーズソルトウオーターサイラス・パートナーズと共にテリジェンス・キャピタルが保有するピクセル・ユニオンの株式を買い戻すための投資ラウンドを主導し、さらにショピファイのエコシステムの他の事業の買収のために2500万ドルの追加資金を用意しました。

直近の投資ラウンドにも参加したピクセル・ユニオンのベン・ムーア最高経営責任者(CEO)が、ショピファイのエコシステムに対する影響力の強化に努めるピクセル・ユニオンを引き続き統括します。

ピクセル・ユニオンのベン・ムーア最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「ショピファイの導入店舗を支援する総合的な商品・サービスの開発という当社の戦略を遂行する上で、あらためてタイニーをはじめとする株主からの負託を受けたことを大変うれしく思います。私たちはショピファイの使命およびショピファイのチームと商品に対して強い信念を持っており、未来のeコマースの確立に取り組むショピファイとそのお客さまを支援していきます。」

ピクセル・ユニオンの詳細については、http://pixelunion.netをご覧ください。

タイニーの詳細については、http://tiny.websiteをご覧ください。

原文はbusinesswire.comでご覧ください:https://www.businesswire.com/news/home/20190411005760/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Andrew Wilkinson, Chairman
Tiny
andrew@tinycapital.co

情報提供元:
記事名:「タイニーがショピファイ最大のパートナーのピクセル・ユニオンを買収し、買収資金に2500万ドルを用意