米ニューヨーク州オイスターベイ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --


ウェビナー:ハノーバー・メッセ、プロマット、オートメートの3つの産業カンファレンスにおける最重要トレンドとキーポイント
開催日:2019年4月17日(水曜日)
開始時刻:午前10時30分(米国東部夏時間)
所要時間:45分(その後質疑応答15分)
プレゼンター:ABIアナリストの

スチュアート・カーロウドミニク・ボントディミトリス・マヴラキスライアン・マーティンピアース・オーウェンニック・フィニルライアン・ホイットン

ドイツで開催されるハノーバー・メッセ2019では、出展社6500社以上、来場者22万人以上と予想されています。プロマットでは1000社の出展と115カ国からの来場者、オートメートでは450社の出展が見込まれています。プロマットとオートメートはシカゴで同会場で同時開催されます。

特に現在の製造業がデジタル変革という大きな変化にさらされている今、この3つの主要産業カンファレンスでは、技術革新に非常に大きな期待が寄せられています。

現在の製造業は、グローバル競争、エネルギー不足、人材不足、複雑化したサプライチェーンやグローバル調達の環境に伴い急速に変化しつつあるとともに、カスタマイズの増加によりツール整備や再構成を迫られている状況です。さらに、バッチ処理の小規模化が進んでいることにより注文ごとのメーカーの利益も少なくなってきています。

ABIリサーチが開催するこのウェビナーでは、上記の問題を掘り下げ、3つのカンファレンスで紹介された中でも特に魅力ある先進技術とそうした技術を最大限に活用する方法を紹介します。

また、工場内の「無人操業」製造ラインに必要な必須技術についても概説します。今後も付加製造、IIoT、エッジコンピューティングやクラウドコンピューティング、機械学習や人工知能、先進ロボット工学、拡張現実、製造シミュレーション、無線接続といったさまざまな技術が製造業に影響を及ぼし、自動化を実現し、製造現場の人員の業務や能力を強化していくでしょう。

ウェビナーでは次のような質問にもお答えします。

  • 3つのカンファレンスで特に注目度の高かった技術トレンドとその理由
  • 今後の動向に注目すべき企業とその理由
  • 期待に達していなかった企業や技術
  • デジタル変革の導入時に注意すべき落とし穴
  • デジタル変革の導入時に取り入れるべきベストプラクティス

登録はこちらからお願いします。または、https://www.abiresearch.com/webinars/top-trends-takeaways-3-industrial-conferences-hannover-messe-promat-and-automate-2019/をご覧ください。

ABIリサーチでは、メーカーが操業のデジタル化によってより低コストで質の高い製品を生み出せるよう支援するインダストリアル・ソリューションの中で、最近の調査から以下のような成果を発表しています。

  • ジェネレーティブ・デザイン総生涯価値計算器 – 導入戦略とイノベーションの包括的な分析と投資回収期間分析および総生涯価値分析を組み合わせてジェネレーティブ・デザインの適切な展開戦略に関する比類ない知見を提供する総生涯価値レポートです。
  • 産業応用分野における付加製造 – 付加製造に関連してABIリサーチが特に重要と考えるトレンドや最新動向を考察する応用分野分析レポートです。
  • デジタル・ファクトリー・データ – データの増加がいかに接続サービスやネットワークサービスの収益だけでなくスマート・マニュファクチャリングのプラットフォーム、分析、プロフェッショナル・サービス、セキュリティー・サービスの収益増加にも寄与するかを予測する市場データレポートです。
  • モバイルロボット工学:自律ソリューション・プロバイダー –従来の領域を超えてロボット工学の導入を進めてきた自律ソリューションプロバイダー(ASP)の分析と競合評価を行う応用分野分析レポートです。
  • ジェネレーティブ・デザイン・ベンダー競合評価 – 大手技術ベンダー9社(ANSYS、アルテア、オートデスク、Dassault Systèmes、GRMコンサルティング、ParaMatters、PTC、nTopology、シーメンス)をABIリサーチの実績ある中立的なイノベーション・実装基準フレームワークに基づいてランク付けした競合評価レポートです。

ABIリサーチについて

ABIリサーチは、労働力の再編、市場の穴の特定、新しいビジネスモデルの創出、新しい収益ストリームの促進に寄与する魅力ある変革技術に関する市場展望を必要とする先見者に戦略的指針を提供しています。ABIの先見的調査専門家は初期の段階からそうした技術に注目し、多くの場合、他の技術調査会社に数年も先駆けて画期的な調査報告を発表しています。ABIのアナリストは、所見や推奨事項が適切な状況で活用されるよう、容易かつ迅速に理解しやすい形にして提供します。先見者がすぐに行動を開始し、企業により大きな全体像を認識させるための働きかけができるよう戦略的に導きます。ABIのリサーチ・サービス、インダストリアル・ソリューション、カスタム・ソリューションの利用の詳細については、+1.516.624.2500(南北アメリカ)、+44.203.326.0140(欧州)、+65.6592.0290(アジア太平洋)にお問い合わせになるか、www.abiresearch.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Global
Deborah Petrara
Tel: +1.516.624.2558
pr@abiresearch.com

Christopher Leary
Tel: +1.516.624.2544
pr@abiresearch.com

情報提供元:
記事名:「ABIリサーチの4月17日のウェビナーは、ハノーバー・メッセ、プロマット、オートメートの2019年度の各カンファレンスにおける最重要トレンドとキーポイントを紹介